ページの品質課題を自動チェックで見つける

ページの品質低下を見逃して、サイト全体のアクセス数を減少させていませんか?
アナトミーなら、ページ品質を20項目から自動でチェック。品質スコアを改善して、サイト全体のアクセス数UPにつなげましょう。

ページの品質を自動チェックで課題を見つける
ページにアクセスして見つける品質課題

ページにアクセスして見つける品質課題

アナトミーではGoogleアナリティクスでは確認できないような、個々のページ品質についても自動的にチェックを行います。ブラウザによって実際にアクセスするからこそ見つかる隠れた課題をアナトミーで確認して改善しましょう。

  • リソース切れ
  • JavaScriptエラー
  • HTML変化率
  • ピクセル変化率
  • 被リンク数
  • GA・GTMタグ
  • SEO関連タグ
  • 応答時間
  • 最終更新日時
  • ページ幅・高さ
  • レンダリング時間

ページ内のリンク切れや、そのリンクがどこで使用されているか分かる

404ページになっているページやリソースを発見できるツールは多くありますが、どのページ内のリンク、リソースが切れているか分かりません。
アナトミーを使えば、どのページのどのリンク・リソースがエラーなのか確実に把握できます。

ページのHTTPヘッダ情報の保存やクローンページの保存も

アナトミーはリソースのみならず、HTTPヘッダ情報やリソース情報まで保存します。
データ取得時の状態をクローンページとして一定期間し、過去のページもブラウザ上に再現できます。

HTTPヘッダ情報やリソース情報まで保存します

こんなシーンでも役に立つページ品質の自動チェック

大規模サイト改修後のレイアウト崩れにも

大規模サイト改修後の
レイアウト崩れにも

大規模サイト改修後は、確認が不十分になりレイアウト崩れが見逃されることも。アナトミーは、リンク切れやリソース切れだけでなく画面キャプチャも自動取得。キャプチャの差分を視覚化し、確認を助けます。

キャンペーンページ運用時のリンク切れにも

キャンペーンページ運用時の
リンク切れにも

コンテンツの変動が激しいキャンペーンページは、リンク切れが見逃され検索結果に影響することも。アナトミーならリンク切れを自動検知。キャンペーン終了後の流入も把握できます。

サイトSSL化(HTTPS)時のエラーチェックも

サイトSSL化(HTTPS)時の
エラーチェックも

サイトのSSL化を行った後に、全ページのリンク切れ、リソース切れ・JavaScriptエラーをチェックするのは大変。アナトミーなら自動でエラーを検知します。

ページ品質が原因で離脱や直帰につながるケースを発見できる

アナトミーを使えば、アクセスデータと品質データを組み合わせた分析を実行できます。
例えばページ毎の直帰率とレンダリング時間を組み合わせることで、ページ品質が問題となって直帰につながっているページを検出できます

ページ品質が原因で離脱や直帰につながるケースを発見できる

解析タグの追加不要!最短5分で利用開始

いますぐ使えるフリープランなら100URLまで無料解析。
アナトミーでマクロ分析を始めよう!

無料ユーザー登録

他にもあるユニークな機能

導入に関してのお悩み、何でもご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5454-9687

【受付時間】平日10:00~18:00まで

フォームからのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ