アナトミーのSEO機能

検索ボリューム、検索順位推移グラフ、Google検索上位サイト分析、検索流入数予測などの機能は、アナトミーSEO Plus 以上のプランで利用できます。

キーワードを選定する:検索ボリューム自動取得

サーチコンソールから連携された検索流入キーワードデータにアナトミーが自動的に検索ボリュームを取得し、確認できるようにします。Googleのキーワードプランナーで個別に調べることなく、ページ単位でボリュームを比較しながら強化すべきキーワードの選定が行えます。

1ページ単位で20キーワード分のボリュームを自動的に取得します。
月一回キーワードデータとボリュームデータが最新の状態に自動更新されます。

検索順位を定期的に計測する:キーワード順位推移グラフ

Googleがページ毎にインデックスしているキーワード単位で「検索結果順位」、「検索結果表示回数」を毎週記録して、アナトミーが推移グラフを自動的に作成します。順位チェックツールを利用せずともアナトミー上で数千キーワードの順位・表示回数推移を管理することができます。

作成された推移グラフデータはコピーボタンで1発でエクセルなどにもペーストできるので、資料作成の時間短縮にもなります。

競合分析をする:Google検索結果TOP20表示

ターゲットキーワードを決めるときや掲載上位を狙うときに、Googleで毎回検索して上位ページを調査する作業を格段に効率化します。アナトミー上でキーワードをクリックするだけで、Googleの検索結果TOP20のタイトルとURLが瞬時に確認できます。

似ているキーワードによる検索結果比較によって競合含む順位変動の有無がわかり、
Googleが別々の異なるキーワードと判断しているかもわかります。

SEO改善効果を予測する:検索流入数予測

アナトミーでは上位10位以内に入ったキーワードを対象にさらに順位をあげることで、どの程度の流入が予測されるかを表示してくれます。これによりキーワード単位でさらなる上位を目指すべきキーワードかどうかの判断ができるようになります。

実際のキーワードボリュームから算出した検索流入予測数を表示します。平均的なクリック率に比べての傾向も確認できます。

Googleからの評価を確認する:過去インデックス比較

アナトミーの基本機能でもページ毎のインデックス状況は確認できますが、SEO Plus以上のプランでは、過去のインデックス状況との比較ができます。これにより、改善施策の実施によってGoogleに正しくインデックスされるようになったかを計測できるようになります。

コンテンツのリライトによるGoogleのインデックス状況への影響が確認しやすくなります。

キーワードのヒントを得る:Googleサジェスト

検索上位に表示されるが「あまりクリックされない」時などはキーワードを改める必要があるかもしれません。その際に参考になるのがGoogleサジェスト。アナトミーではインデックスされているキーワードをクリックするだけでGoogleサジェストをアナトミー上で確認することができます。

気になるキーワードをクリックするだけでGoogleサジェストを表示。コピーボタンで表示されたキーワード群をすべてコピーできます。

全プラン共通の基本機能で利用できるSEO分析

Page Top