キーワードと順位がわかるアクセス解析ツール

Googleアナリティクス、Googleサーチコンソールと連携し、サイト内のどんなページがどんなキーワードで検索されているかを調査。
SEO対策をこれから始めるWeb担当者が必ず押さえておきたいキーワード情報とアクセスデータをひとつのツールですばやく確認できます。

これまでの方法

  • ①評価方法やツールを決める
  • ②複数のツールからデータを集め、レポートを作成
  • ③レポートを参照しながらコンテンツを追加する

アナトミー

  • ①データソースは業界ベーシックなGoogleアナリティクスとサーチコンソール
  • ②キーワードデータ、アクセスデータ、ソース内のワード設置状態を自動レポート

アナトミー上で実際に使う方法

どんなキーワードで検索されているか調べる
『検索キーワード』では、あなたのサイトが検索結果に表示された検索キーワードがわかります。
サイトに訪れたユーザーはどんなキーワードを使っていたか、あなたのサイトはどんなキーワードで検索エンジンに掲載されているかを確認できます。
『検索キーワード』は1ページ単位で確認できます。

Next

SEOのボトルネックを調べる
検索キーワードにはすべて『表示回数』、『クリック数』『表示順位』が表示されています。
狙っているワードで検索されているかと同時に、表示された回数に対するクリック数、表示されたときの検索順位をチェックします。
そもそも表示回数が少ないのか、表示されているのにクリックされていないのか、改善すべき点を判断します。

Next

狙ったキーワードで検索結果に表示できているか調べる
『Googleサジェスト』は『検索キーワード』とよく一緒に検索されている語句が確認できます。ユーザーの検索意図を知ることで、コンテンツに含めるべきキーワード候補を選びます。
『SEOキーワード』では、metaタグで設定されているキーワードをチェックできます。
『SEOキーワード』に設定されているけれど、『検索キーワード』でHITしていないワードがあれば、赤字で警告表示されます。

Next

意外なページが検索表示されていないかチェックする
特定のキーワードでサイト内全体でどのページがHITしているか確認することもできます。
本当にランディングさせたいページが検索エンジンに評価されているとは限りません。
検索キーワード、SEOキーワード両方からチェックすることで、サイト全体としてSEO対策のバランスを確認します。

アナトミーを導入することでSEO対策時に得られる効果

1ページ単位での現状把握作業からの脱却

数百ページの各種キーワードとページのマッチ度を瞬時にチェックできます。

検索キーワードとページのミスマッチを発見

検索キーワード、ページ内のキーワード含有数、検索順位を1発で確認できます。

より最適なキーワード候補を表示

検索キーワードに関連するキーワード候補を確認することができます。

指定キーワードのサイト内競合を発見

サイト内の想定外のページでキーワード対策が行われていないか確認ができます。

解析タグの追加不要! 最短5分で利用開始

Googleアナリティクスと連携するだけでいますぐお試しいただけます。

SuperLiteを無料で180日間お試し

導入に関してのお悩み、何でもご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5454-9687

【受付時間】平日10:00~18:00まで

フォームからのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

他にもあるユニークな機能