サイトのデータを活用したいが、Googleアナリティクスは複雑で難解。

見たいデータに辿り着けずに高いストレスを感じる
もっと本質的な改善策が考察できるツールを探している方へ!
GAデータを可視化して徹底活用!

レポート画面の問題

レポート画面の問題 1
メニュー・レポートが多く、
用語もわからない!

Google Analytics アイコン
Googleアナリティクス画面

GAを使った分析の問題点
見たいデータはあるはず、どこかに

Googleアナリティクスには、ユーザー/集客/行動/コンバージョンといったメインメニューから、更に二階層分のレポートフォーマットが用意されています。
100以上あるレポートフォーマットを選択し、さらに指標の選択、期間選択、セカンダリディメンションの設定、セグメント設定を駆使し、自社のデータ分析に必要なレポートを抽出する必要があります。

アナトミーアイコン
アナトミーの画面

アナトミーの解決ポイント
すべてのデータを一画面に集約。

SPA(シングルページアプリケーション)として動作する特別なUIで、アクセス解析に必要なデータをシームレスに表示します。
たくさんのレポートをダウンロードしたり、データを手作業で収集・加工する必要はありません。必要なデータに同じ1画面から1クリックで到達することを目指したUIです。

100日間無料おためし

レポート画面の問題 2
ページごとの情報を
集めてくるのが難しい

Google Analytics アイコン
Googleアナリティクス画面

GAを使った分析の問題点
このページのデータだけみたいのに

Googleアナリティクスでは、レポートによってディメンション(分析の単位)や表示できる指標(データの種類)が異なります。
特定のページについて深く知りたくても、レポートを切り替えたり、アドバンスフィルターやセカンダリディメンションなど高度な設定をする必要があります。

アナトミーアイコン
アナトミーの画面

アナトミーの解決ポイント
1クリックだけでページの
あらゆる情報を表示

アナトミーは、すべてのデータ収集を最小単位である「ページ」ごとに行っています。
PV、ユニークユーザー、セッション、ランディング数、その流入元別内訳、サイト内の遷移など、ページに様々なデータを1クリックで表示し、ページごとに比較することができます。

100日間無料おためし

レポート画面の問題 3
どんな画面なのか分からない!

Google Analytics アイコン
Googleアナリティクス画面

GAを使った分析の問題点
デザインが見れない

URLだけで画面が確認できないので、データ変化の原因追求や、改善案のインスピレーションが得られません。ブラウザから実際のページは見れますが、気付けば大量のウィンドウが開いていたり、スマホ画面の確認も少し面倒です。
また、過去のデータを確認する時も、データ当時の画面は見れないのでデータと画面を引き寄せた分析ができません。

アナトミーアイコン
アナトミーの画面

アナトミーの解決ポイント
自動保存されるキャプチャで
素早くチェック

サイト内のキャプチャを自動取得、保存します。全景ビュー上でアクセスデータと実際の画面デザインを同時にチェックできるので、原因の考察が正しく行えます。
定期的に保存されていくキャプチャの変遷とアクセス指標の推移を同時に見ることで、Web施策ごとの評価も正しく行えます。
キャプチャは表示速度も速く、軽快な操作を可能にします。

100日間無料おためし

導線分析の問題

導線分析の問題 1
ページ前後の遷移データを
確認しずらい

Google Analytics アイコン
Googleアナリティクス画面

GAを使った分析の問題点
1ページずつ、10ページ分のリンクしか見れない

ページ間の遷移を見るためのレポート「ナビゲーションサマリ」は非常に便利ですが、1ページずつしか確認できません。
関心の高いページのチェックには十分ですが、遷移に課題のあるページを探し出すには、ナビゲーションサマリを何度も開く必要があります。

アナトミーアイコン
アナトミーの画面

アナトミーの解決ポイント
すべてのページの、
すべての遷移が見れる

アナトミーは、分析対象にするページの遷移データがあらかじめ集計されています。気になるページがあればクリック一つで「前のページの遷移」と「次のページの遷移」がわかります。
自動的に作成されるサイトマップからワンクリックで気になるページの前後のリンクと遷移数を知ることができます。

100日間無料おためし

導線分析の問題 2
遷移の数字だけで、
デザイン上の原因を推測できない

Google Analytics アイコン
Googleアナリティクス画面

GAを使った分析の問題点
画面デザインがないので
原因追及ができない

Googleアナリティクスは、遷移データはわかりますが、ページ内のリンク設置状況やデザイン、表示位置を確認することができません。
遷移が少ないのは、リンクが目立たないのか、リンク文言に魅力がないためなのか。原因を探るには、実際のサイトを開いて見る必要があります。

アナトミーアイコン
アナトミーの画面

アナトミーの解決ポイント
リンク構造と遷移を同時に表示

リンクの遷移数だけでなく、デザイン評価も同時にできるよう、キャプチャ内で遷移数の大小を表示します。遷移のあったリンクだけでなく、リンクはあるのに1回も遷移がなかった問題のあるリンクも自動的に発見し、キャプチャ上に可視化します。
重要なリンクがページ内でしっかり目立っているか、そうでなければ次はどんな表現に変えるべきか、データ分析の過程で具体的な改善策を導くことができます。

100日間無料おためし

導線分析の問題 3
流入と内部遷移を
同時に表示できない

Google Analytics アイコン
Googleアナリティクス画面

GAを使った分析の問題点
別のレポートになってしまう

重要なページを閲覧しているユーザーがどこからやってきたのかは重要なデータですが、Googleアナリティクスでは外部からの流入である「集客」とサイト内の遷移である「前のページの遷移」が別々のレポートで集計されます。
このページから見始めたユーザーと、前のページから続けて閲覧しているユーザーの割合をつかむには、ふたつのレポートから集計しなければなりません。

アナトミーアイコン
アナトミーの画面

アナトミーの解決ポイント
流入も、サイト内遷移も
一度に表示

アナトミーでは、外部からの流入とサイト内の遷移両方をワンクリックで表示します。
流入も、広告や検索など、どんなチャネルからどれだけの流入があるのか、しっかりととらえられるようになっています。
どこから来て、どのリンクを使って、どのページに移動していったのかという導線分析の基本のデータを一つの画面で確認できます。

100日間無料おためし

SEO対策の問題

SEO対策の問題 1
ページごとのキーワード・
順位の状況が掴めない

Google Analytics アイコン
Googleアナリティクス画面

GAを使った分析の問題点
フィルタや表示項目の
設定が面倒

ランディングページの調査など、キーワードをチェックする場面では、ページごとのデータを確認することが多いです。
しかし、サーチコンソール(Search Console)やGoogleアナリティクスでは、特定のページのみのデータを取り出すためには、フィルタやセグメントを使ってページごとにデータ集計をしなくてはならず、煩雑です。

アナトミーアイコン
アナトミーの画面

アナトミーの解決ポイント
ページごとのデータを
自動的に抽出&一覧表示

アナトミーのデータは、すべて最も基本的な単位であるページ単位で集計されます。
キーワードデータもSearch Consoleから検索キーワード、表示回数、クリック、順位のデータをページ毎に集計します。
Googleアナリティクスのデータとも比較することで、検索からの流入が少ないページの検索HIT状況を確認したり、ページ毎に具体的にSEO対策に取り組めます。

100日間無料おためし

SEO対策の問題 2
サイト内のSEO対策の実施
状況を把握しきれない

Google Analytics アイコン
Googleアナリティクス画面

GAを使った分析の問題点
サイトにアクセスして
確認するのは面倒

Googleアナリティクス、Search Consoleはあくまでアクセスデータを見るためのツールなので、当然のことながら、サイト内のコンテンツ状況までは確認できません。
狙っているワードがしっかりコンテンツ内に配置できているか、タイトルやディスクリクリプションなどのmetaタグにどんなものが設定されているかは、CMSの管理ツールやソースなど、別の方法で確認しなければなりません。

アナトミーアイコン
アナトミーの画面

アナトミーの解決ポイント
SEO評価に必要なTITLE・DESCRIPTIONなどの
meta属性、キーワード使用
回数を自動的に抽出、一覧表示

サーチコンソールのデータだけでなく、サイトのソースから収集したSEOに関連する項目をチェックできます。
SEO上重要なmetaタグやH要素の設定内容はもちろん、コンテンツ内のワードまで精査し、狙っているワードに対する施策状況を評価します。
流入しているワードとページ内容にギャップがないか、過去の施策状態はどうだったか、アナトミー上から確認できます。

100日間無料おためし

Googleアナリティクスと連携するだけですぐに試せるご試用プラン

かんたん登録!100日間 無料おためし

タグ入れ不要でいますぐお試しいただけます

Googleアナリティクスデータに画面キャプチャを付加し、アイコン化によってサイト全体の俯瞰を可能にする可視化ツール「ANATOMY」を100日間無料でお試しいただけます。

かんたん登録!ANATOMYを100日間無料でおためし
今すぐアナトミーを試してみましょう。
100日間、無料です。