直帰率とは?離脱率との違いとGoogleアナリティクスでの確認方法

何割のユーザーがご自身のWebサイトを直帰しているかご存知ですか?

ここでは、Googleアナリティクスの直帰率の意味、Googleアナリティクスを使って各ページの直帰率を確認する方法、直帰率をさらにカンタンに確認するツールを紹介します。

動画で直帰率を確認!

クリックで拡大再生
動画で直帰率を確認!

Googleアナリティクスの直帰率とは

Googleアナリティクスの直帰率とは、1番最初に始まったすべてのセッションのうち、そのページだけが唯一のセッションだった割合を示す値です。

つまり最初のページだけを見て離脱してしまったセッションの割合を表しています。

直帰率とは、1 ページのみのセッション数をすべてのセッション数で割った値のことです。つまり、すべてのセッションの中で、ユーザーが 1 ページのみ閲覧して、Google アナリティクス サーバーに対するリクエストを 1 回のみ発生させたセッションが占める割合のことです。

引用元:直帰率 - アナリティクス ヘルプ

例えば、あるページの閲覧開始数が100で閲覧開始したユーザーのうち、直帰したユーザーが60なら直帰率は60%となります。

直帰率と離脱率の違い

似た指標に離脱率があります。
離脱率は、ページが閲覧された回数のうち、どれくらいの割合で離脱したかを示す値です。

離脱率は、そのページを閲覧した全ユーザーを対象とした指標(PV数)に関係する一方で、直帰率は、そのページから閲覧を開始したユーザーに絞った指標(流入数)に関係する点で、両者は明確に異なっています。

離脱率は、個々のページのすべてのページビューで、そのページがセッションの最後のページになった割合を示します。

直帰率は、そのページから始まったすべてのセッションで、そのページがセッションに存在する唯一のページだった割合を示します。

ページの直帰率は、そのページで始まったセッションだけが計算の対象になります。

引用元:離脱率と直帰率の違い - アナリティクス ヘルプ

直帰率の計算方法

直帰率は「直帰数÷セッション数」で算出され、離脱率は「離脱数÷PV数」で算出されます。

直帰率の目安・平均

自分のサイトの直帰率を確認してみたが実際それが高いのか低いのか分からない方も多いのではないでしょうか。そこで業界ごとの直帰率の平均を見てみましょう。

  • 経営コンサルティング : 67.49%
  • IT : 64.21%
  • ヘルス・フィットネス:63%
  • ソフトウェア:60.76%
  • 不動産: 57.47%
  • 医療機器および医薬品 : 55.33%
  • 病院、ヘルスケア:54.96%
  • 金融サービス:53%

出典:Brafton 2017 Content Marketing Benchmark Report | Brafton

ただしこれらはあくまで目安であって、サイトやページの目的によっては直帰率が高いことが必ずしも悪いというわけではありません。

  • ニュース記事
  • 企業情報
  • その他1ページで完結するコンテンツ

上記のようなページの場合は必然的に直帰率が高くなる傾向にあるのであまり問題ではないかもしれません。逆にサイトのトップページのように他のページを閲覧してもらう必要があるページの直帰率が高い場合は問題かもしれません。

直帰率が低すぎる

直帰率は低ければ低い方が良いのかというと必ずしもそうではありません。

直帰率が10~20%のように極端に低い場合、Googleアナリティクスの設定に不備がある可能性があります。

よくあるケースとしてはGoogleアナリティクス計測用のタグが同ページに複数設置されてしまっているケースなどが上げられます。

Googleアナリティクス計測用のタグが複数設置されているとページビューが二重で計測されてしまったり、直帰率だけでなくその他のアクセスデータも正しく計測されていない恐れがあります。

アクセス解析ツール「アナトミー」では連携されているGoogleアナリティクスの設定状況を診断してくれる機能もついているのでアナリティクスの設定の不備が気になる方は無料登録で設定診断をしてみてください。

直帰率を改善する

直帰率が高い場合以下のような原因が考えられます。

  • ページのファーストビュー(最初にユーザーの目に入る部分)に魅力的な情報が掛けている。
  • ユーザーの次の行動を促す(CTA)コンテンツがない
  • 流入してきたユーザーが期待しているような情報やコンテンツがページにない。
  • ページの読み込み速度が遅いためにそのまま離脱してしまう。

直帰率が高いページで上記のような問題がないかよく確認してみてください。

7.Googleアナリティクスで直帰率を確認する方法

それでは、実際にGoogleアナリティクスで直帰率を確認してみましょう。
Googleアナリティクスで直帰率を確認する方法は3通りあり、「何の」直帰率を確認したいかで方法は変わります。

サイト全体の直帰率を確認したい場合

  1. [ オーディエンス>概要 ]をクリックし、ユーザーサマリーを表示。
  2. デフォルトでは[ セッション ]となっている指標を[ 直帰率 ]に切り替える
GoogleアナリティクスではユーザーサマリーからWebサイト全体の直帰率が確認できる
  1. [ Webサイト全体の直帰率 ]が確認できる
  2. 右上のセレクトボックスから、データの期間を選択することができる
Googleアナリティクスでは右上のセレクトボックスから直帰率の期間を変更できる

各参照元の直帰率を確認したい場合

  1. [ 集客>すべてのトラフィック>参照元/メディア ]をクリック
  2. [ 各参照元の直帰率 ]を確認できる
Googleアナリティクスの「集客」レポートから参照元別の直帰率を確認できる

各ページの直帰率を確認したい場合

  1. [ 行動>サイトコンテンツ>すべてのページ ]をクリック
  2. [ 各ページの直帰率 ]を確認できる
Googleアナリティクスの「行動」レポートからページごとの直帰率を確認できる

このようにGoogleアナリティクスでは、同じ直帰率でも、何の直帰率かによって、確認方法が変わりますので注意が必要です。

直帰率を可視化するアクセス解析ツール「アナトミー」

Googleアナリティクスを可視化するアクセス解析ツール「アナトミー」では、URLだけでなく、画面キャプチャと照らし合わせながら直帰率を確認することができます。

全景ビュー上部の「直帰」と書かれた箇所をクリックするだけで、各ページの直帰率を表示することができます。

さらに、直帰率が4段階の色の濃淡で表現されているので、直帰率が突出して高いページを一目で見つけることができます。

また、左側のグラフのアイコンをクリックするだけで、ページごとの直帰率の推移グラフも確認することができます。

アクセス解析ツール「アナトミー」では、ワンクリックでページごとの直帰率の推移を確認することができる

また、参照元別の直帰率も簡単に確認することができます。

各参照元を表すタイル(①)をクリックすると、その参照元から各ページへの流入数に対する直帰率が各タイルに表示されます。

参照元から各ページへの流入数に対する直帰率と通常の直帰率を比べ、参照元から各ページへの流入数に対する直帰率が高いと赤、低いと青で表現されています。

各参照元を表すタイル(①)上の数値86%は参照元からアナトミーで取得しているページへの直帰率。右下にある83%が参照元からサイト全体への直帰率。各ページに書かれている数値は参照元から各ページへの流入数に対する直帰率。各タイルの右下にある数値は通常の直帰率。

アクセス解析ツール「アナトミー」では参照元別の直帰率とページ全体の直帰率を比較することができる

アナトミーでは画面のデザインと照らし合わせながら直帰率を確認することができます。これによって、内部リンクの位置を変える、リンクを目立つようにする、グローバルナビゲーションを充実させるといった施策を講じることが容易になります。

このように、アナトミーでは各ページの直帰率や参照元別の直帰率、突出して直帰率の高いページ、それを改善するためのページの読込時間や画面のデザインといった情報をカンタンに確認することができます。

アナトミーで直帰率を改善すべきページを見つける3つの方法

アナトミーでより詳しく直帰率を調べる方法を紹介します。アナトミーは指標間の分析が得意です。

流入数×直帰率

  1. 流入数の多い順に並べたまま、直帰率に切り替える
アクセス解析ツール「アナトミー」では流入数が多く直帰率が高いページがわかる

直帰率に切り替えた時に、左側に濃い緑のタイルがあった場合、「流入数も多く直帰率も高いページ」を意味しています。この様なページを優先的に改善していけばよいということが分かります。画面キャプチャを見て、改善すべきページか確認してみましょう。

直帰数×直帰率

  1. 直帰数の多い順に並べたまま、直帰率に切り替える
アクセス解析ツール「アナトミー」では直帰数が多く直帰率も高いページがわかる

直帰率に切り替えた時に、左側に濃い緑のタイルがあった場合、「直帰数も多く直帰率も高いページ」を意味しています。この様なページも上記同様、優先的に改善していけばよいということが分かります。直帰数だけを見ていては、流入数の全体感を捉えることを忘れてしまいます。直帰数と直帰率を同時に比べると、より改善すべきページが明確になります。

直帰率×離脱率

  1. 直帰率の多い順に並べたまま、離脱率に切り替える
アクセス解析ツール「アナトミー」では直帰率も離脱率も高いページがわかる

離脱率に切り替えた時に、左側に濃い緑のタイルがあった場合、「直帰率も高く離脱率も高いページ」を意味しています。この様なページも上記同様、優先的に改善していけばよいということが分かります。逆に、左側に薄い緑のタイルがあった場合、「直帰率は高く離脱率は低いページ」を意味しています。ランディングとしてはユーザーを逃してしまうが、別ページから回遊してきたユーザーは離脱しにくいページということになります。

まとめ

広告によってユーザーを集客しても、直帰率が高ければコンバージョンに繋げることができません。効率的なサイトの運用のためにも各ページの直帰率は把握しておきましょう。Googleアナリティクスで調べるのはちょっと面倒という方は、一度「アナトミー」をお試しください。

もしも、特定のページの直帰率がうまく計測できない、サイト全体の範囲が想定と違う、などGoogleアナリティクスの設定に関して懸念点があれば、Googleアナリティクスの設定状況が診断できるサービスも含まれていますので、合わせてお試しください。