各ページのcanonicalを確認する方法

サイト内の各ページのcanonicalタグ設定を把握していますか?

canonicalタグの設定が誤っている場合、ページが検索結果に評価されなくなることがあります。

ここでは各ページのcanonicalタグの確認方法と、サイト内の各ページに設定されているcanonicalタグを確認できるツールを紹介します。

1.canonicalタグとは?

canonicalタグは、「URLを正規化する」役割を持つlinkタグです。URLの正規化とは、「https://example.com」と「https://example.com/index.html」のどちらでアクセスしても同じコンテンツが表示されるような場合、「基準となるURLをどれか1つに決めて検索エンジンに教えてあげる」ことを指します。

rel属性に「canonical」を設定し、href属性に基準となるURLを設定します。記述例は以下のようになります。

<link rel="canonical" href="https://example.com">

Googleは内容が重複したり類似したコンテンツを低品質なものと判断するため、canonicalタグを設定して「重複ではなく別名である」ということを示さないと、SEO評価が下がるばかりか、場合によってはコピーコンテンツとして検索結果に表示されなくなる可能性もあります。

2.canonicalタグの確認方法

各ページのcanonicalタグの確認方法は2種類あります。HTMLファイルを開ける場合と、開けない場合の2通りを説明します。

HTMLファイルを開ける場合のcanonicalタグの確認方法

HTMLファイルをテキストエディタで開き、「canonical」の文字列で検索します。

canonicalタグは必ず設定しないといけないタグではないので、ページによって存在しない場合もあります。「存在しないから追加しよう」と短絡的な判断はしないようにしましょう。

HTMLファイルを開けない場合のcanonicalタグの確認方法

WindowsのGoogle Chromeでの操作を解説します。その他の環境の場合は適宜読み替えてください。

  1. 確認したいページにブラウザでアクセスします。
  2. ブラウザ上で右クリックし、「ページのソースを表示」を選択します。
  3. 別タブでHTMLソースが表示されるので、canonicalタグを探します。
Googleクロームでのcanonicalタグの確認

このように、canonicalタグは各ページで確認する必要がありますが、1ページ1ページ「canonicalタグが入っているか」「canonicalタグの設定は正しいか」を確認するのは大変ですよね。

【無料ウェビナー】はじめてのテクニカルSEO

理解できるSEO対策を学ぶ

「EAT」を高める、品質の高い記事を書くなどの抽象的な対策ではなく、対策が明確かつ具体的な「テクニカルSEO」について学びます!。

SEO対策にはもやもやした話が多いと感じられている方、是非ご参加ください!

検索エンジンのプロセス

SEOセミナー詳細

参加者の声

参加者の声

SEOについてこれまで分かった気でいましたが、今回のセミナーで知識の整理ができ、理解を深めることができました。

参加者の声

基礎から丁寧に教えていただき、とても分かりやすかったです。

参加者の声

SEO改善のベーシックな手法が分かりやすく解説されてよかった

3.アナトミーでcanonicalタグを確認する方法

アクセス解析ツール「アナトミー」を使えば、各ページのcanonicalタグの内容を1クリックで確認できます。

ページ上部の[<meta>]ボタンをクリックします。

タイルをホバーすると、各画面のcanonicalタグが分かります。

canonicalタグだけでなく、titleタグやmeta descriptionなど、SEOに関係するタグも合わせて確認することができます。タイルをホバーさせていくことで、他のページの情報が確認できます。

各ページのcanonicalタグの内容が確認できる

canonicalの見出し部分をクリックすると、各ページにcanonicalが設定されているかどうかを一覧で確認できます。

canonicalタグの設定有無が一覧で確認できる

タイルが青いものはcanonicalが設定されているページ、タイルが赤いものはcanonicalが設定されていないページを表しています。必要なページにcanonicalが設定されているか、また、意図しないページにcanonicalが設定されてしまっていないかが一目でわかります。

4.まとめ

canonicalタグは正しく設定しないと検索順位に影響してしまう重要なタグの一つなので、どの画面にどのURLが設定されているかは把握できていることが望ましいです。

1ページ1ページ確認していくのは面倒だし見落とすリスクもある、という場合には、1クリックでサイト全体のcanonicalタグを確認できるアクセス解析ツール「アナトミー」を試してみてください。

Page Top