アクセス指標と一緒に画面キャプチャを
確認する方法

Googleアナリティクスでサイト解析をしていると、実際のページをもっと楽に確認したいなと思うことはありませんか?

ここでは、アクセス指標と一緒に画面キャプチャを確認できるツールを紹介します。

1.アナトミーで画面キャプチャを確認する

Googleアナリティクスを「見える化」するアクセス解析ツール「アナトミー」では、アクセス指標やユーザー動線など解析に関する情報だけでなく、実際にデータを取得する際にページにアクセスしているため、ページの画面キャプチャやリソース情報、実測応答時間などの情報も持っています。

1つの緑のタイルが、1つのWebページを表しています。

1.タイルをホバーすると上部にこのページのアクセス指標が一覧で確認できる。
2.ツール右側にホバーしたタイルの実際の画面キャプチャが表示される。

アナトミーならタイルをホバーするだけで、アクセス指標と画面キャプチャを一気にカンタンに確認できます。

まとめ

アナトミーでは、画面キャプチャを定期的に自動取得し、ページとアクセスデータの両方を同時にチェックできるようにしました。過去の画面デザインも保存されるので、デザインの変遷とアクセス指標の推移もアナトミーで確かめられます。

もしも、気になるページの計測がうまくいかない、などGoogleアナリティクスの設定に関して懸念点があれば、Googleアナリティクスの設定状況が診断できるサービスも含まれていますので、合せてお試しください。