サイト内の更新されたページをチェックする方法

Webサイトの更新を日々行っていると、どのページにどんな変更を加えたか、把握しきれなくなりますよね。

アクセス解析の観点でも、変更前と変更後のページの内容はしっかり把握しておく必要があります。

ここでは、Webサイト内の変更したページにすぐに気付けるツールを紹介します。

1. アナトミーでデザインが更新されたページを見つける方法

デザインが更新されたページを見つけるには、定期的にページのスクリーンショットを取得し、比較することが必要です。

Googleアナリティクスを「見える化」するアクセス解析ツール「アナトミー」では、各ページのスクリーンショットを定期的に取得しているので、更新されたページを自動的に検出できます。

アナトミーは、アクセス指標やユーザー動線など解析に関する情報はもちろん、ページのスクリーンショットや、HTML・CSSといったリソース情報も持っています。

2. 変更を表すバッジ

アナトミーでは、更新されたページの目印として円形の「バッジ」が表示されます。

この「円」、内側と外側の二重構造になっており、 それぞれが「HTML」と「画像キャプチャ」の変化を表わしているのです。

まず、内側の円ですが、薄緑色ならHTMLの変化が5%未満、黄色なら10%、オレンジなら 20%、そして赤なら30%以上が変更されたことを示します。

サイト内の更新されたページをチェックする方法

そして外側の円は、画像キャプチャが先週のものと比較して、薄緑なら30Kピクセル未満の変化、黄色は100Kピクセル、オレンジは200Kピクセル、赤なら300Kピクセル以上の変化であることを示しています。

サイト内の更新されたページをチェックする方法

つまり、バッジの色が濃いほど、変更箇所が多かったことが分かるのです。

3. スクリーンショット上の変更箇所の確認

変更前と変更後のスクリーンショットを合わせて表示し、画面上の変更箇所を確認できます。

1. 右上の円の色が暖色のタイルをクリック
2. [ キャプチャ ]タブをクリック
3. [ 比較 ]ボタンをクリック
4. 比較キャプチャが表示される
アナトミーでサイト内の更新されたページをチェックする方法

前回と今回で変更があった箇所は、赤くなります。前回はなく今回増えた箇所は、青くなります。

このようにデザイン更新があったページはタイル右上の円ですぐに分かり、比較キャプチャを表示することでどこが変わったかもすぐに分かります。

まとめ

施策のためにデザイン変更をした際、アナトミーだとすぐにページを発見し、画面キャプチャと一緒に施策結果を確認できます。

もしも、気になるページがうまく計測されない、などGoogleアナリティクスの設定に関して懸念点があれば、Googleアナリティクスの設定状況が診断できるサービスも含まれていますので、合せてお試しください。

【無料ウェビナー】継続できるサイト改善PDCAの回し方が分かる!

サイト改善のPDCAは継続が重要

このセミナーでは、アナトミーの「改善ノート」機能を使い、施策ごとのKPI設定、効果検証、改善のサイクルを回す手法を解説します。

データに基づく分析と継続できるWeb改善業務のワークフローを知りたい方に最適です。

web改善に必要な6つの施策

アクセス解析セミナー詳細

参加者の声

参加者の声

今までとは違った角度で自社のwebサイトを見られてよかったです。

参加者の声

テンポよく、的確な説明で分かりやすかった。重要ポイントについても強調され、頭に入った。

参加者の声

私のような素人でも問題なく参加できました。