Googleサーチコンソールでリンク切れのページを
確認する方法

Webサイトのリンク切れに気付かず、しばらくそのままだったということはありませんか?

ここでは、Googleサーチコンソールを使って各ページのリンク切れを確認する方法と、さらにカンタンに確認できるツールを紹介します。

Googleサーチコンソールへの登録方法

まずはGoogleサーチコンソールへ登録する必要があります。

詳しくはGoogleサーチコンソールの登録・設定方法を参考にしてください。

Googleサーチコンソールでリンク切れのページを確認する方法

  1. [ カバレッジ ]をクリック
  2. [ エラー ]が選択されているのを確認
  3. 送信されたURLは404エラーです」というエラーの有無を確認
Googleサーチコンソールでのリンク切れの確認方法

この画面では、Googleのクローラーがページにアクセス出来たかどうかが確認出来ます。

「送信されたURLは404エラーです」というエラーが表示されていれば、リンク切れが発生しています。

このようにGoogleサーチコンソールでリンク切れのページを確認できますが、これらのページがどのページに設置されたリンクかは判別できません。

アナトミーでリンク切れのページを確認する方法

Googleアナリティクスを「見える化」するアクセス解析ツール「アナトミー」では、リンク切れのあるページもすぐに見つけることができます。

  1. [ status ]ボタンをクリック
  2. [ リンク切れ ]をクリック
アナトミーでのリンク切れの確認方法

ページを表すタイルの色が赤い色だと、そのページでリンク切れが発生しています。

また、リンク切れのステータスコードや新たに追加・削除されたリンクも一覧で確認できます。

アナトミーのリンク一覧表示機能

サイトの変更の際にリンク切れは発生しがちですが、アナトミーを使えばリンクの管理を手間なく行うことができます。

まとめ

リンク切れを放置してしまうと、直帰率や検索順位を下げる要因にもなりかねません。Googleサーチコンソールではちょっと面倒という方は一度「アナトミー」をお試しください。

もしも、気になるページの計測がうまくいかない、などGoogleアナリティクスの設定に関して懸念点があれば、Googleアナリティクスの設定状況が診断できるサービスも含まれていますので、合せてお試しください。

SEO関連の記事はこちら

エッセンシャルSEOハンズオンセミナー