Googleサーチコンソールでリンク切れのページを
確認する方法

Webサイトのリンク切れに気付かず、しばらくそのままだったということはありませんか?

ここでは、Googleサーチコンソールを使って各ページのリンク切れを確認する方法と、さらにカンタンに確認できるツールを紹介します。

1.Googleサーチコンソールへの登録方法

詳しくはGoogleサーチコンソールへの登録方法を参考にしてください。

2.Googleサーチコンソールでリンク切れのページを確認する方法

Googleサーチコンソールにログイン後、

1.左メニューから[ クロール>クロールエラー ]をクリック
2.レスポンスコードが404になっているページが分かる
Googleサーチコンソールで[ クロール>クロールエラー ]をクリックするとレスポンスコードが404になっているページが分かる

このように、Googleサーチコンソールでリンク切れのページを確認できますが、これらのページがどのページにリンクされているのかまでは分かりません。

3.アナトミーでリンク切れのページを確認する方法

Googleアナリティクスを「見える化」するアクセス解析ツール「アナトミー」では、リンク切れのあるページもすぐに見つけることができます。

1.[ ページ情報タブ ]をクリック
2.[ リンク切れ ]ボタンをクリック
3.リンク切れが起きているページのタイルが赤くなる
4.該当タイルを右クリックし[ ページの詳細情報を表示する ]をクリック
アクセス解析ツール「アナトミー」では[ リンク切れ ]ボタンをクリックするとリンク切れが起きているページのタイルが赤くなる
5.詳細情報ページの[ リンク一覧 ]をクリック
6.リンク切れが起きているページにアイコンが表示される
アクセス解析ツール「アナトミー」ではリンク切れが起きているページに404アイコンが表示される

これだけでリンク切れが起きているページ、実際に切れているURLまで確認できます。さらに画面キャプチャもすぐに確認できるので、修正する際の優先順位もつけやすく、作業が捗るのではないでしょうか。

まとめ

リンク切れを放置してしまうと、直帰率や検索順位を下げる要因にもなりかねません。Googleサーチコンソールではちょっと面倒という方は一度「アナトミー」をお試しください。

もしも、気になるページの計測がうまくいかない、などGoogleアナリティクスの設定に関して懸念点があれば、Googleアナリティクスの設定状況が診断できるサービスも含まれていますので、合せてお試しください。