Googleアナリティクスで各ページのアクセスデータを
ダウンロードする方法

各ページのアクセスデータを毎週エクセルでまとめている方はいますか?

ここではGoogleアナリティクスで各ページのアクセスデータをダウンロードする方法と、さらにカンタンにエクセルにまとめてくれるツールを紹介します。

1.Googleアナリティクスで各ページのアクセスデータをダウンロードする方法

Googleアナリティクスは右上のエクスポートをクリックすればアクセスデータをダウンロードできます。

例えばユニークユーザー数も含めた各指標を、各ページごとにまとめたデータが必要だとします。 デフォルトではページビュー数、ページ別訪問数、平均ページ滞在時間、閲覧開始数、直帰率、離脱率しか載っていないので、カスタムレポートでユニークユーザー数などの指標を追加しなければいけません。

Googleアナリティクスにログイン後、

  • 1.[ カスタム>カスタムレポート ]をクリック
  • 2.[ 新しいカスタムレポート ]をクリック
Googleアナリティクスのレポート確認画面
  • 3.指標グループで[ ユーザー ]を選択(その他の指標も同じように追加)
  • 4.ディメンションは[ ページ ]を選択
    5.[ 保存 ]をクリック
Googleアナリティクスのカスタムレポート確認画面

するとユニークユーザー数も含めた各ページのアクセスデータをまとめることができました。

  • 6.[ エクスポート ]をクリックで各ページのアクセスデータをエクセルにしてダウンロードできる
Googleアナリティクスのデータのダウンロード方法

Googleアナリティクスで、デフォルトで載っている指標以外をエクセルにしてダウンロードする際は、カスタムレポートを使う必要があり、少し手間がかかります。

【無料ウェビナー】アクセス解析の基本が分かる!

アクセス解析とは画面の改善をすること

アクセス解析はデータを見ることではなく、データに基づいて画面の改善をしていくことです。

このセミナーでは基本的なアクセスデータの見方から、データに基づいた画面の改善方法を学ぶことができます。

web改善に必要な6つの施策

セミナー詳細はこちら

参加者の声

参加者の声

今までとは違った角度で自社のwebサイトを見られてよかったです。

参加者の声

テンポよく、的確な説明で分かりやすかった。重要ポイントについても強調され、頭に入った。

参加者の声

私のような素人でも問題なく参加できました。

2.アナトミーで各ページのアクセスデータをダウンロードする方法

Googleアナリティクスを「見える化」するアクセス解析ツール「アナトミー」なら、カスタムレポートを作らなくてもアクセスデータをダウンロードできます。

以下にある最大15項目のアクセスデータの直近12週分を、わずか3クリックでエクセルファイルにダウンロードできるという優れものです。

ページビュー・ユニークユーザー数・ページ別訪問数・流入数・流入数(検索)・流入数(SNS)・流入数(広告)・直帰数・直帰率・離脱数・離脱率・受注数・受注個数・貢献数・貢献個数

1.ポータル内にある12週データダウンロードをクリック
アクセス解析ツール「アナトミー」のポータる画面
2.取得したいデータの日付を選択
3.ダウンロードをクリック
アクセス解析ツール「アナトミー」ではGoogleアナリティクスのデータを好きな日付でエクセル形式でダウンロードできます。

まとめ

データをエクセルにまとめる作業は極力減らしていきたいですよね。Googleアナリティクスのエクスポートは、ちょっと面倒という方は一度「アナトミー」をお試しください。

もしも、気になるページがうまく計測されない、などGoogleアナリティクスの設定に関して懸念点があれば、Googleアナリティクスの設定状況が診断できるサービスも含まれていますので、合せてお試しください。

Page Top