離脱せず遷移したPV数を確認する方法

ご自身のサイトの、離脱せず遷移したPV数をご存知ですか?

流入数や直帰率といった単独のアクセス指標だけでなく、複数の指標を組み合わせて分析することで、より細かい分析をすることができます。
ここでは、各ページの、離脱せず遷移したPV数をカンタンに確認することができるツールを紹介します。

1.「離脱せず遷移したPV数」がなぜ必要か

回遊率という概念があります。ユーザーが1セッションあたり何ページ閲覧したかを表す指標です。

回遊率が高ければ、同じセッション数でより多くのPV数を獲得することができ、コンバージョン数を高めることができます。それでは、回遊率を向上させるために改善すべきページはどうすれば発見できるのでしょうか?ここで登場するのが、「ユーザーが離脱せず、次のページに遷移して閲覧したPV数」です。

そのページから他のページへの遷移数の合計が分かれば、離脱せず遷移したPV数の多いページはうまく機能しているページであると言えますし、逆に、少ないページについてはそのページと他のページとのリンク関係など、ユーザー動線を見直す必要があると言えるのでしょう。

2.「離脱せず遷移したPV数」を確認する方法

Googleアナリティクスを「見える化」するアクセス解析ツール「アナトミー」では、計算機能を使って、各ページの「離脱せず遷移したPV数」をカンタンに確認することができます。

1.[ 拡張>計算 ]をクリック
2.[ 動線関連>離脱せず遷移した、PV数(PV-離脱)>適用 ]をクリック

各ページの、離脱せず遷移したPV数が表示されました。離脱せず遷移したPV数によってタイルが濃淡で色分けされているので、他のページへの遷移数の多いページがすぐに分かります。

さらに、タイルにホバーすることでそのページの画面キャプチャも見ることができます。実際の画面と照らし合わせながら数値の分析ができるので、サイト分析が楽になります。

まとめ

PV数や離脱数といったアクセス指標単体ではなく、複数の指標を掛け合わせた数値を把握することで、より細かい分析をすることができます。複数の指標を掛け合わせた分析が簡単にできるツール「アナトミー」をぜひ一度お試しください。

もしも、気になるページの計測がうまくいかない、などGoogleアナリティクスの設定に関して懸念点があれば、Googleアナリティクスの設定状況が診断できるサービスも含まれていますので、合せてお試しください。