Googleアナリティクスのイベントとは?

ページ内のユーザー動作を把握できていますか?

ここでは、Googleアナリティクスでのイベントの見方やイベントトラッキングの設定、イベントを可視化して確認できるツールをご紹介します。

動画でイベントコンバージョンを確認!

クリックで拡大再生
動画でイベントコンバージョンを確認!

1. Googleアナリティクスのイベントとは

Googleアナリティクスのページビューを調べれば、どのページが何回閲覧されているかが分かります。

一方、「動画の再生ボタンを押した」「タブを切り替えた」「ページの下部まで閲覧した」といったページ遷移をしないユーザー行動までは把握することができません。

そこで、Googleアナリティクスでは、ユーザーがある行動を起こしたときに「イベント」を発生させ、そのイベントを計測できるようになっています。たとえば、動画の再生ボタンを押したときに「動画再生イベント」を発生させ、Googleアナリティクスのレポートで動画再生回数を計測するイメージです。イベントを使えば、ページ内でユーザーが何をしたかの詳細を把握できることになるのです。

イベントは、次のようなユーザー行動の把握にも使われます。

  • どの位置にあるリンクがクリックされたか?
  • 外部リンクのクリック
  • PDFのダウンロード

なお、イベントを利用するには、JavaScriptもしくはGoogleタグマネージャーであらかじめ「イベントトラッキング」を設定します。

2. Googleアナリティクスでのイベントの見方

2-1. イベント数を確認する

まずは、イベント数を確認してみましょう。以下の手順でイベントレポートを表示できます。

  • 1. [行動]をクリック
  • 2. [イベント]をクリック
  • 3. [上位のイベント]をクリック
イベント数の確認方法

「イベントカテゴリ」は、イベントをグループに分類した名称です。この名称は、イベントトラッキング設定で指定するもので、例えば動画ならmovie、バナーならbannerのように使います。

「合計イベント数」は、各イベントカテゴリのイベントが発生した総数です。

「ユニークイベント数」は、1回のセッションで同一イベントの発生を1回までに制限したときの値です。たとえば、同じ人が同じ動画を3回再生したら、ユニークイベント数は1回となります。

2-2. イベントの詳細を確認する

「動画タイトルごとの再生イベント数」のように、イベント数をさらに詳細に分析することもできます。

動画IDやリンク先URLのようなイベントの詳細情報は「イベントラベル」に記録されています。

イベントラベルごとのイベント数は、以下の手順で確認できます。

  • 1. 分析したいイベントのイベントカテゴリをクリック
  • 2. [イベントラベル]をクリック
分析したいイベントとイベントラベルを選択

以下のように、イベントラベルごとのイベント発生数が把握できます。

イベントラベルごとのイベント数

2-3. ページごとにイベント数を確認する

サイト全体ではなく、ページ単位でイベントを分析するには、以下の手順を行います。

  • 1. [行動]をクリック
  • 2. [イベント]をクリック
  • 3. [ページ]をクリック
  • 4. URLをクリック
ページ別のイベント数の確認方法

次のように、特定ページのイベント数を確認できます。

ページ別のイベント数の確認方法
【無料ウェビナー】アクセス解析の基本が分かる!

アクセス解析とは画面の改善をすること

アクセス解析はデータを見ることではなく、データに基づいて画面の改善をしていくことです。

このセミナーでは基本的なアクセスデータの見方から、データに基づいた画面の改善方法を学ぶことができます。

web改善に必要な6つの施策

セミナー詳細はこちら

参加者の声

参加者の声

今までとは違った角度で自社のwebサイトを見られてよかったです。

参加者の声

テンポよく、的確な説明で分かりやすかった。重要ポイントについても強調され、頭に入った。

参加者の声

私のような素人でも問題なく参加できました。

3. アナトミーでのイベントの見方

アクセス解析ツール「アナトミー」でも、イベント総数やページごとのイベント数を確認できます。

なお、アナトミーではコンバージョン分析機能を利用してイベント分析を行います。事前にGoogleアナリティクスで、イベントを特定の目標設定(コンバージョン)に割り当てておきます。

3-1. イベント数を確認する

  • 1. [CV]をクリック
  • 2. コンバージョンパネルにイベント数が表示されます
アナトミーでのイベント数の確認方法

コンバージョンパネルの中で、種類が「イベント」と表記されている行がイベントに該当するコンバージョンです。CV数は、イベント総数に当たります。

3-2. ページごとにイベント数を確認する

コンバージョンパネルで分析したいイベントをクリックすると、発生したイベント数がタイルの上に表示されます。

アナトミーでのイベント数の確認方法

赤色の数字が「イベント数」で、ページを表す四角いタイルの上に表示されています。

タイルにマウスをホバーすると、ページのタイトルやURL、画面キャプチャなどの情報が分かります。

そのほか、アナトミーのイベント分析機能には次のような特徴があります。

  • 「Ev」のマークでイベントが1回以上発生したページが分かる
  • 1クリックで他のイベントに切り替え可能
  • 1クリックでPVモードや流入モードに切り替え可能
  • 期間指定やデバイス別(PC・スマホ)分析が可能
  •   

このように、アナトミーではサイト全体のイベント発生状況を俯瞰できるので、サイト内のどのエリアでイベントが多く発生しているか、イベントと他の指標との関連性はあるか、といったことが直感的に分かります。

まとめ

イベントを分析すると、ユーザーの行動を細かい粒度で計測することができます。無料でトライアル出来るので、ぜひ「アナトミー」をお試しください。

Googleアナリティクスの設定を診断・最適化するサービスも行っております。イベントやコンバージョンの設定・計測にご不安があれば、是非ご活用ください。

Page Top