Googleアナリティクスの離脱率とは?

Webサイトを見たユーザーのうち何割が離脱してしまっているか、ご存知ですか?

ここでは、Googleアナリティクスの離脱率の意味、Googleアナリティクスを使って各ページの離脱率を確認する方法、離脱率をさらにカンタンに確認するツールを紹介します。

動画で離脱率を確認!

クリックで拡大再生
動画で離脱率を確認!

離脱率とは

Googleアナリティクスの離脱率とは、ページが閲覧された回数のうち、どれくらいの割合で離脱したかを示す値で、「離脱数÷PV数」で計算できます。

例えば、あるページの閲覧数が100で、離脱したユーザーが60なら離脱率は60%となります。

離脱率は、個々のページのすべてのページビューで、そのページがセッションの最後のページになった割合を示します。

引用元:離脱率と直帰率の違い - アナリティクス ヘルプ

離脱率と直帰率の違い

似た指標に直帰率があります。
直帰率は1番最初に始まったすべてのセッションのうち、そのページだけが唯一のセッションだった割合を示す値で、「直帰数÷流入数」で計算できます。

直帰率は、そのページから閲覧を開始したユーザーに絞った指標(流入数)に関係する一方で、離脱率は、そのページを閲覧した全ユーザーを対象とした指標(PV数)に関係する点で、両者は明確に異なっています。

直帰率は、そのページから始まったすべてのセッションで、そのページがセッションに存在する唯一のページだった割合を示します。

ページの直帰率は、そのページで始まったセッションだけが計算の対象になります。

引用元:離脱率と直帰率の違い - アナリティクス ヘルプ

Googleアナリティクスで離脱率を確認する方法

それでは、実際にGoogleアナリティクスで離脱率を確認してみましょう。Googleアナリティクスで離脱率を確認する方法は2通りあり、「何の」離脱率を確認したいかで方法は変わります。

サイト全体の離脱率を確認したい場合

  1. [ 行動>概要 ]をクリックし、サマリーを表示。
  2. デフォルトでは[ ページビュー数 ]となっている指標を[ 離脱率 ]に切り替える
Googleアナリティクスでは「行動」レポートから離脱率を確認することができる
  1. [ Webサイト全体の離脱率 ]が確認できる
  2. 右上のセレクトボックスから、データの期間を選択することができる
Googleアナリティクスでは右上のセレクトボックスから離脱率のデータの期間を変更することができる

各ページの離脱率を確認したい場合

  1. [ 行動>サイトコンテンツ>すべてのページ ]をクリック
  2. [ 各ページの離脱率 ]を確認できる
Googleアナリティクスでは各ページの離脱率も表示することができる

このようにGoogleアナリティクスでは、同じ離脱率でも、何の離脱率かによって、確認方法が変わりますので注意が必要です。