Googleサーチコンソールで各ページの表示回数を
確認する方法

ご自身のサイトが検索結果に何回表示されているか、ご存知ですか?

Webサイトへの流入を増やすには、いかに検索結果に表示されるようにするかが肝要です。SEO対策によって検索結果に表示されやすくするためにも、ご自身のサイトがどの検索キーワードで何回表示されているか、把握しておく必要があります。

Googleサーチコンソールを使って表示回数(インプレッションと呼びます)を確認する方法と、表示回数をカンタンに確認することのできるツールをご紹介します。

動画で表示回数を確認!

クリックで拡大再生
動画で表示回数を確認!

1.表示回数とは

表示回数とは、文字通り、Googleの検索エンジンで検索し、検索結果で表示された回数です。

なお、表示回数の集計にはユーザーのスクロールは考慮されません。URL表示されている領域までユーザーがスクロールせずに検索結果を閉じた場合でも、表示回数としてカウントされます。一方で、検索結果の2ページ目に表示されるはずだった場合にユーザーが1ページ目までしか見ずに検索結果を閉じた場合は、表示回数としてカウントされません。

2.Googleサーチコンソールで表示回数を確認する方法

Googleサーチコンソールで表示回数を確認するには、まずGoogleサーチコンソールに登録する必要があります。
Googleサーチコンソールの登録方法

2-1. 各ページの表示回数を確認する

  • 1. [ 検索パフォーマンス ]をクリック
  • 2. [ 合計表示回数 ]が選択されていることを確認
  • 3. [ ページ ]をクリック
Googleサーチコンソールの合計表示回数の確認方法

2-2. 各ページの表示回数を検索キーワード別に確認する

  • 1. 表示回数を確認したいページのURLをクリックする
  • 2. [ クエリ ]をクリックする
検索キーワード毎の表示回数の確認方法

確認するページを変更するには、以下の手順を行います。

  • 1. [ × ]をクリックしてページの選択を解除する
  • 2. [ ページ ]をクリックする
  • 3. 変更先のURLを選択する(2の操作で、URLに表示が切り替わっています)
  • 4. [ クエリ ]をクリックする
表示回数を確認するページを変更する方法

このように、Googleサーチコンソール上で、各ページの検索キーワード別の表示回数を確認することができます。

しかし確認するページを変更する際には、都度ページの選択を解除して再選択する必要があります。

【無料ウェビナー】アクセス解析の基本が分かる!

アクセス解析とは画面の改善をすること

アクセス解析はデータを見ることではなく、データに基づいて画面の改善をしていくことです。

このセミナーでは基本的なアクセスデータの見方から、データに基づいた画面の改善方法を学ぶことができます。

web改善に必要な6つの施策

セミナー詳細はこちら

参加者の声

参加者の声

今までとは違った角度で自社のwebサイトを見られてよかったです。

参加者の声

テンポよく、的確な説明で分かりやすかった。重要ポイントについても強調され、頭に入った。

参加者の声

私のような素人でも問題なく参加できました。

3.アナトミーで表示回数を確認する方法

Googleアナリティクスを「見える化」するアクセス解析ツール「アナトミー」では、各ページの検索キーワードとその表示回数をカンタンに確認することができます。

  • 1. [ 表示回数合計 ]をクリック
  • 2. 確認したいページのタイルにホバー
アナトミーでの表示回数の確認方法

アナトミーではタイルにホバーするだけで確認するページを切り替えられるので、表示回数を確認する手間が大幅に軽減されます。

さらに、「総表示数」と書かれた箇所をクリックすることで各ページの表示回数をまとめて確認できます。各ページの表示回数が色の濃淡で表されるので、表示回数の多いページが一発で分かります。

  • 1. [ 総表示数 ]をクリック
アナトミーでの総表示数の確認方法

このように、アナトミーでは各ページの検索キーワード別の表示回数や、各ページの総表示回数が簡単に確認できます。

まとめ

検索結果に表示されない限り、サイトの存在をユーザーが知ることはありません。SEO対策をしっかりして、キーワード検索での表示回数を増やしましょう。Googleサーチコンソールで表示回数を調べるのはちょっと面倒だという方は、ページごと、検索キーワードごとの表示回数がカンタンに分かるツール「アナトミー」をお試しください。

もしも、特定のページの計測がうまくできない、などGoogleアナリティクスの設定に関して懸念点がありましたら、Googleアナリティクスの設定状況が診断できるサービスも含まれていますので、合わせてお試しください。

【2019年12月追記】SEO対策サービスを開始しました

既存コンテンツのSEOを再設計してビッグワードを狙うSEO対策サービス「Cluster SEO(クラスターSEO)」の提供を開始しました。

「オウンドメディアはあるけれど成果が上がらない…」というお悩みをお持ちでしたら、ぜひご利用ください。

ビッグワードを狙うSEO対策サービス「Cluster SEO(クラスターSEO)」

SEO関連の記事はこちら

Page Top