Googleサーチコンソールで各ページの表示回数を
確認する方法

ご自身のサイトが検索結果に何回表示されているか、ご存知ですか?

Webサイトへの流入を増やすには、いかに検索結果に表示されるようにするかが肝要です。SEO対策によって検索結果に表示されやすくするためにも、ご自身のサイトがどの検索キーワードで何回表示されているか、把握しておく必要があります。

Googleサーチコンソールを使って表示回数を確認する方法と、表示回数をカンタンに確認することのできるツールをご紹介します。

1.表示回数とは

Googleの検索エンジンで検索をすると、検索結果のURLが一覧となって表示されます。検索結果で表示された回数が、「表示回数」となります。

表示回数の集計にはユーザーのスクロールは考慮されません。URL表示されている領域までユーザーがスクロールせずに検索結果を閉じた場合でも、表示回数としてカウントされます。一方で、検索結果の2ページ目に表示されるはずだった場合にユーザーが1ページ目までしか見ずに検索結果を閉じた場合は、表示回数としてカウントされません。

2.Googleサーチコンソールで表示回数を確認する方法

Googleサーチコンソールでクリック数を確認するには、まずGoogleサーチコンソールに登録する必要があります。詳細はこちら

①各ページの表示回数を確認する

Googleサーチコンソールにログイン後、

1. [ 検索トラフィック>検索アナリティクス ] をクリック
2.[ ページ ]を選択
3.チェックボックスから[ 表示回数 ]を選択
4.合計表示回数と各ページの表示回数が確認できる

②各ページの表示回数を検索キーワード別に確認する

1.[ ページ>フィルタなし>ページをフィルタ... ]をクリック
2.[ URLが一致 ]を選択し、確認したいページのURLを入力
3.[ フィルタ ]をクリック
4.[ クエリ ]を選択

このように、Googleサーチコンソール上で、各ページの検索キーワード別の表示回数を確認することができます。しかし、確認するページを変更する際にはフィルタの条件を逐一変えなければなりません。確認したいページのURLを探してきてコピーアンドペーストしてフィルタ再設定、という手順を踏む必要があり、手間がかかります。

3.アナトミーで表示回数を確認する方法

Googleアナリティクスを「見える化」するアクセス解析ツール「アナトミー」では、各ページの検索キーワードとその表示回数をカンタンに確認することができます。

1.[ SEO ]をクリック
2.確認したいページのタイルをホバー
3.各ページの検索キーワードとその表示回数を確認できる

Googleサーチコンソールでは都度フィルタにURLを入力しなければなりませんが、アナトミーではタイルにホバーするだけで確認するページを切り替えられるので、表示回数を確認する手間が大幅に軽減されます。

さらに、「総表示数」と書かれた箇所をクリックすることで各ページの表示回数をまとめて確認できます。各ページの表示回数が色の濃淡で表されるので、表示回数の多いページが一発で分かります。

また、サイト全体の表示回数も簡単に確認できます。

1.アナトミーポータルから、「検索キーワード・検索表示・検索クリック…」をクリック
2.12週間分の表示回数とクリック数の推移が確認できる
3.検索キーワードごと、ページごとの表示回数が一覧で確認できる

このように、アナトミーでは各ページの検索キーワード別の表示回数、各ページの総表示回数、サイト全体の表示回数の推移がカンタンに確認できます。強化したい検索キーワードで目的のページのURLが検索結果として表示されているかすぐに確認できるので、SEO対策の必要性のある箇所の発見やSEO対策の効果測定が容易になります。

まとめ

検索結果に表示されない限り、サイトの存在をユーザーが知ることはありません。SEO対策をしっかりして、キーワード検索での表示回数を増やしましょう。Googleサーチコンソールで表示回数を調べるのはちょっと面倒だという方は、ページごと、検索キーワードごとの表示回数がカンタンに分かるツール「アナトミー」をお試しください。

もしも、特定のページの計測がうまくできない、などGoogleアナリティクスの設定に関して懸念点がありましたら、Googleアナリティクスの設定状況が診断できるサービスも含まれていますので、合わせてお試しください。