JSエラーを見つける方法

ページ内でJavaScriptエラー(JSエラー)が起きていることに、なかなか気づけなかったということはありませんか?

ここでは、JSエラーを見つけるツールを紹介します。

1.アナトミーでJSエラーを見つける方法

Googleアナリティクスを「見える化」するアクセス解析ツール「アナトミー」では、アクセス指標やユーザー動線など解析に関する情報だけでなく、ページの画面キャプチャやリソース情報も持っています。 そのためページ内でJSエラーが起きていないかチェックすることができます。

1.[status]タブを表示
2.[ JSエラー ]をクリック
3.JSエラーが起きているページはタイルが赤くなる
アクセス解析ツール「アナトミー」ではサイト内でjsエラーの起きているページを赤いタイルで表示することができます
4.[ ページリソース表示 ]をクリック
5.詳細情報ページの[ リソース ]をクリック
6.JSエラーが起きている場合JavaScript部分にアイコンが表示される
アクセス解析ツール「アナトミー」では実際にエラーが起きているJavaScriptのファイルを確認することができます

これだけでJSエラーが起きているページ、実際にエラーが起きているリソースまで確認できます。

まとめ

リンク切れが起きていたり、JavaScriptエラーが起きていたり、ページが正しく表示されないと離脱率も上がってしまいます。ページの品質を上げることもアクセス解析においては重要です。ぜひアナトミーを使ってページをメンテナンスしてみてください。

もしも、気になるページがうまく計測されない、などGoogleアナリティクスの設定に関して懸念点があれば、Googleアナリティクスの設定状況が診断できるサービスも含まれていますので、合せてお試しください。

【無料ウェビナー】継続できるサイト改善PDCAの回し方が分かる!

サイト改善のPDCAは継続が重要

このセミナーでは、アナトミーの「改善ノート」機能を使い、施策ごとのKPI設定、効果検証、改善のサイクルを回す手法を解説します。

データに基づく分析と継続できるWeb改善業務のワークフローを知りたい方に最適です。

web改善に必要な6つの施策

アクセス解析セミナー詳細

参加者の声

参加者の声

今までとは違った角度で自社のwebサイトを見られてよかったです。

参加者の声

テンポよく、的確な説明で分かりやすかった。重要ポイントについても強調され、頭に入った。

参加者の声

私のような素人でも問題なく参加できました。

Page Top