各ページのmetaタグを確認する方法

各ページのmetaタグの内容を一覧したいと思ったことはありませんか?

ここでは、各ページのmetaタグをカンタンに確認できるツールを紹介します。

動画でmeta情報を確認!

クリックで拡大再生
動画でmeta情報を確認!

metaタグとは

metaタグとは、Webページの各種付加情報を検索エンジンやブラウザに伝えるタグのことです。HTMLの<head>~</head>内に記述します。

文字コードの指定や、ページのキャッシュ無効化の指定、JavaScript使用の宣言などが書かれています。SEOにも関係するといわれている、titleタグやdescriptionタグなどもmetaタグのひとつです。descriptionは検索した際にタイトルの下に説明文として表示されるものです。

HTMLからmetaタグを確認する方法(Chromeの場合)

1.metaタグを確認したいページをブラウザで開き、右クリック
2.[ ページのソースを表示 ]をクリック

Googleクロームでのmetaタグの確認

別タブでページのソースが確認できます。上部に「meta name="description"」や「meta name="keywords"」と書いてあるかと思います。これらがmetaタグです。

このように1ページずつソースを表示していくのは少し面倒ですよね。

参考:https://support.google.com/webmasters/answer/79812?hl=ja

アナトミーで各ページのmetaタグを確認する方法

Googleアナリティクスを「見える化」するアクセス解析ツール「アナトミー」では、各ページのtitleタグ、descriptionタグ、robotsメタタグなど、各種metaタグをカンタンに確認できます。

1.[ meta ]ボタンをクリック
2.見たいページのタイルをホバー
3.各ページのmetaタグ、ogp設定を確認できる
アクセス解析ツール「アナトミー」のmetaタグ確認画面

アナトミーなら上記の通り、タイルをホバーするだけで、metaタグの情報に加えてアクセス指標や画面キャプチャを一気に確認できます。そしてコンテンツの中身とmetaタグの内容があっているかもすぐに分かります。

まとめ

アナトミーでは、各ページのtitleタグやdescriptionの中身を瞬時に確認できます。titleやdescriptionが不適切だと、検索結果でのクリック率を下げる原因になってしまいます。ぜひアナトミーを使い、検索結果での上位表示を目指してみてください。

テクニカルSEO分析ツール「アナトミー」

SEO対策サービスを開始しました

テクニカルSEO(内部対策)で検索上位を狙うSEO対策サービス「CLUSTER SEO(クラスターSEO)」の提供を開始しました。

検索インデックス分析に基づいたメソッドで、サービスサイトやB2BサイトもSEO対策可能です。「SEOの成果が上がらない…」というお悩みをお持ちの方におすすめします。

テクニカルSEO対策サービス「CLUSTER SEO」