Googleアナリティクスでデバイス別分析を
する方法

ご自身のサイトを訪れるユーザーがどのデバイスでサイトを見ているか、ご存知ですか?デバイス別分析を行えば、デバイスによるユーザー動線の違いや、特定のデバイスで使いづらいページが発見できます。

ここでは、Googleアナリティクスで「デバイス別分析」をする方法と、デバイス別分析を簡単に行うことができるツールをご紹介します。

動画でデバイス分析を確認!

クリックで拡大再生
動画でデバイス分析の重要性を確認!

Googleアナリティクスにおけるデバイスとは

デバイスとは、ユーザーがWebサイトの閲覧に使用する機器を指します。Googleアナリティクスでは、PC・スマートフォン・タブレットの3つのデバイスごとに解析ができます。

デバイス別分析とは

Googleアナリティクスでは、デバイスごとに行う分析のことを「デバイス別分析」と呼び、この分析には「セグメント」という機能を使います。

デバイス別分析のメリットは、特定のデバイスで使いづらいページを発見できることです。たとえば、レスポンシブウェブデザイン(画面サイズやデバイスの種類が異なっても、一つのページでコンテンツを閲覧できるデザインのこと)のページで、PCでは離脱率が小さいのにスマートフォンでは大きいといったことがあれば、そのページはPCでは見やすくても、スマートフォンでは見づらいということに気づけます。

また、PCはオフィスや自宅など室内や仕事での使用頻度が高く、スマートフォンやタブレットは屋外や休憩中の使用頻度が高いというように、デバイスによって使われるシチュエーションが異なるため、サイト内で行動パターンも違ってきます。デバイスを区別して分析すれば、ユーザー動線がより正確に分ります。

Googleアナリティクスでデバイス別分析をする方法

Googleアナリティクスのデバイス別分析には、サイト全体のサマリーを見る場合と、各ページの指標を見る場合の2通りあり、それぞれ設定方法が異なります。

サイト全体のサマリーをデバイス別に見る

  1. [ ユーザー>モバイル>概要 ] をクリック
Googleアナリティクスのデバイスごとのサイト全体のサマリー確認画面

サイト全体のサマリーでは、デバイスごとにデータが表示され、「desktop」がPC、「mobile」がスマ-トフォン、「tablet」がタブレットを表します。

各ページの指標をデバイス別に見る

  1. [ 行動>サイトコンテンツ>すべてのページ ] をクリック
  2. [ セグメントを追加 ]をクリック
  3. [ タブレットトラフィック ]と[ モバイルトラフィック ]を選択し適用をクリック
Googleアナリティクスの「行動」レポート

各ページの指標では、すべてのユーザーとモバイルユーザー、タブレットユーザーの数値がページごとに表示されます。

Googleアナリティクスの各ページの指標をデバイス別の確認画面

デバイスの追加方法

Googleアナリティクスでは、PC(desktop)のセグメントがデフォルトで選択できないので、PCだけの数値を見たい場合は、自分で設定する必要があります。手順は以下の通りです。

  1. [ 管理 ]アイコンをクリック
  2. [ ビュー ]内の[ セグメント ]をクリック
  3. [ 新しいセグメント ]をクリック
Googleアナリティクスのセグメント設定画面
  1. 適当なセグメント名を付ける
  2. [ テクノロジー>デバイスカテゴリ ]を完全一致で[ desktop ]と設定
  3. [ 保存 ]をクリックして保存
Googleアナリティクスのセグメント名設定画面

アナトミーでデバイス別分析をする方法

アクセス解析ツール「アナトミー」(トライアル登録無料)では、より簡単にデバイス別分析が行えます。

1. まず、アナトミーのトライアル登録時に、メインで分析するデバイスとして、PC(「desktop」と「tablet」の合計)、もしくはスマートフォン(mobile)のいずれかを選択します。

2. アナトミーで全景ビューを開くと、デフォルトでは各タイルに、すべてのデバイス(「desktop」、「tablet」、「mobile」)の合計値が表示されます。

すべてのデバイスが選択された状態の全景ビュー Googleアナリティクスのセグメント切り替え

4. 全景ビューが、選択したデバイスのみのデータ表示に切り替わり、ページ全体の数値が一覧できます。

モバイルのセグメントに絞った状態の全景ビュー

このように、アナトミーではデバイスごとにサイト全体および各ページのデータが一覧できるので、デバイスによってユーザー動線が異なることがより視覚的・直感的に理解でき、離脱率の違いなどにも気が付きやすくなります。

まとめ

ユーザーをデバイスごとに分析することで、各デバイスに適したサイトへの改善策が見えてきます。デバイス別分析が簡単にできるツール「アナトミー」を、ぜひ一度お試しください。アナトミーの無料トライアルはこちらから。

無料トライアル