Googleアナリティクスの遷移数とは?

サイトを訪問してくれたユーザーが、肝心のページを見ずにサイトから離脱してはいませんか?

Webサイトにきた人が、AのページからBのページに何人移動したか、その移動した数が遷移数です。 商品を買ってもらう、あるいはサービスを知ってもらうといったサイトの目的を達成するためには、ユーザーが最初にランディングしたページから、次にどのページに遷移しているかを把握することが重要です。遷移数からユーザーの動きを読み取り、Webサイトを改善することで結果的に直帰率を下げ、コンバージョン率を上げることも可能です。それほど遷移数は大事な指標です。

ここでは、Googleアナリティクスを使って各ページから次に遷移しているページ、およびその遷移数を確認する方法と、遷移をさらにカンタンに確認するツールを紹介します。

動画で遷移数を確認!

クリックで拡大再生
動画で遷移数を確認!

1. 各ページから次に遷移しているページと遷移数を確認する方法

Googleアナリティクスにログイン後、

1. [ 行動 > サイトコンテンツ > すべてのページ ] をクリック
2. [ ページビュー数の多いページ ]をクリック
Googleアナリティクスで次に遷移しているページを見る方法
3. [ ナビゲーションサマリー ] をクリック
Googleアナリティクスの「行動」レポート内のナビゲーションサマリーで遷移先のページを確認できます。
4. [ 次のページ遷移 ] が表示される
Googleアナリティクスでは「次のページ遷移」に遷移先のページが表示されます。

すると、選択した「ページビュー数の多いページ」の次に見たページが、「次のページ遷移」にページビュー数とともに載っています。このページビュー数が遷移数です。

このように、Googleアナリティクスのナビゲーションサマリーを使えば、各ページから次に遷移したページ、およびその遷移数が確認できます。

【無料ウェビナー】アクセス解析の基本が分かる!

アクセス解析とは画面の改善をすること

アクセス解析はデータを見ることではなく、データに基づいて画面の改善をしていくことです。

このセミナーでは基本的なアクセスデータの見方から、データに基づいた画面の改善方法を学ぶことができます。

web改善に必要な6つの施策

セミナー詳細はこちら

参加者の声

参加者の声

今までとは違った角度で自社のwebサイトを見られてよかったです。

参加者の声

テンポよく、的確な説明で分かりやすかった。重要ポイントについても強調され、頭に入った。

参加者の声

私のような素人でも問題なく参加できました。

2.アナトミーで「ページ遷移・遷移数」を可視化する方法

Googleアナリティクスを「見える化」するアクセス解析ツール「アナトミー」では、URLやページタイトルだけでなく、各ページの遷移数を画面キャプチャと照らし合わせながら確認できます。

AのページからBのページに5遷移したことが画面キャプチャとともにわかる
アクセス解析ツール「アナトミー」ではURLだけでなく実際の画面と共に遷移先のページを確認できます。

また、アナトミーでは、遷移元ページから遷移先ページに向かって、下図のようにアニメーションで、青い線が伸びていくので、視覚的にページ遷移、および遷移数を捉えることができます。

視覚的にページ遷移を捉えることができる
アクセス解析ツール「アナトミー」では視覚的に遷移先のページと実際に遷移した数を確認することができます。

青枠のタイルが遷移元ページで、赤枠のタイルが遷移先ページです。赤枠のタイルに書かれた赤字の数値が遷移元ページからの遷移数です。青枠のタイルに書かれた青字の数値は、遷移先ページへの遷移数の総計です。

さらに、遷移数の多いページ上位8ページが下図のようにまとめて表示されます
アクセス解析ツール「アナトミー」では遷移した数の多い上位8ページをまとめて表示することができます。

青枠の隣に書かれた数値が遷移数と、遷移率です。遷移元のページAのPV数から各ページに遷移した際の遷移数をもとに、遷移の割合(遷移率)も出しています。遷移数だけ見ていては、全体から見てどれほど遷移があったか分かりづらくなりますが、遷移率も一緒に見ると、ユーザーの動きがまた一段と分かりやすくなります。

このように、アナトミーでは、実際のサイトを見ている感覚で、ユーザーがどのようにWebページを遷移しているか、どれほど遷移数があるか、が手に取るように分かるため、サイトの改善に大きく役立ちます。

まとめ

ユーザーが、本当に読んで欲しいページに遷移しているかどうか、遷移数は上がっているか、を常に確認し、ページの改良を繰り返すことは、サイトのコンバージョンを向上させる上でとても大切です。今後は遷移数にも注目してみてください。 しかしGoogleアナリティクスで調べるのは、ちょっと面倒という方は、一度「アナトミー」をお試しください。

もしも、ページ遷移の関係を把握する際、複数ドメイン間での遷移や、サブドメインとの間で遷移数がうまく計測できていないなどの、Googleアナリティクスの設定に関して懸念点があれば、Googleアナリティクスの設定状況が診断できるサービスも含まれていますので、合せてお試しください。

Page Top