Webマーケティング業務でTODOリストを管理するには?

ご自身のサイトではWebマーケティングの業務となるTODOリスト(タスク)をどのように管理していますか?

Excelなどのドキュメントの記載する方法もありますが、分析ツールと一体化したTODOリストなら、分析・作業・記録を1つのツールで完結できます。

ここでは、アクセス解析ツール「アナトミー」のTODOリスト管理機能をご紹介します。

1.アナトミーでTODOリストを管理する方法

アクセス解析ツール「アナトミー」では、ページごとにTODOを登録できます。

1-1. TODOの内容を登録する

  1. 該当ページのタイルをクリック
    ページアイコンを選択
  2. [ 改善ノート ]タブをクリック
  3. [ 作成 ] ボタンをクリック
    改善ノートタブの作成ボタン

次に、そのページに関するTODOの詳細を登録します。

  1. 説明文を入力
  2. 期限を設定
  3. [ 保存 ] ボタンをクリック
アナトミーでTODOを登録

以上の簡単な操作で、特定のページに対するTODOを登録できました。

1-2. 画面に対応付けたTODOを作成する

Webページ上の特定の部分に対する作業をTODOとして登録できます。

  1. 該当ページのタイルをクリックした状態で、キャプチャの領域を選択
  2. [ ノートの作成 ] をクリック
  3. ノートの詳細情報を入力して[ 保存 ] ボタンをクリック
キャプチャ領域付きのTODOを登録

このように、TODOがキャプチャのどの部分を示しているのかが分かります。

キャプチャ領域付きのTODOを登録

1-3. TODOの対応状況を登録する

TODOの返信機能を利用することで、追加情報や対応状況を登録することもできます。

アナトミーでTODOに返信
アナトミーでTODOを完了

また、TODOに登録した内容を他のユーザーに通知することができるので、コミュニケーションを効率化できます。

2.まとめ

Webサイトを日々改善していくにあたり、施策が画面と結びついて記録されていれば、関連ページの対策も同時に進められたり、コミュニケーションミスを防いだり、といった効果が見込めます。

アナトミーのTODO機能をサイト改善業務に活用してみましょう。

【無料ウェビナー】継続できるサイト改善PDCAの回し方が分かる!

サイト改善のPDCAは継続が重要

このセミナーでは、アナトミーの「改善ノート」機能を使い、施策ごとのKPI設定、効果検証、改善のサイクルを回す手法を解説します。

データに基づく分析と継続できるWeb改善業務のワークフローを知りたい方に最適です。

web改善に必要な6つの施策

アクセス解析セミナー詳細

参加者の声

参加者の声

今までとは違った角度で自社のwebサイトを見られてよかったです。

参加者の声

テンポよく、的確な説明で分かりやすかった。重要ポイントについても強調され、頭に入った。

参加者の声

私のような素人でも問題なく参加できました。

Page Top