Googleアナリティクスのユーザー動線とは?

ご自身のWebサイトで、ユーザーがどのような行動をとっているか、ご存知ですか?

Webサイト内で、流入してから離脱するまで経由したページの流れがユーザー動線です。サイト内でのユーザーの行動を知ることがサイト改善の第一歩となるため、ユーザー動線を抑えておくことはウェブ担当者にとっては必須と言えます。

ここでは、Googleアナリティクスを使ってユーザー動線を確認する方法と、ユーザー動線をさらにカンタンに確認するツールを紹介します。

1.Googleアナリティクスでユーザー動線を確認する方法

Googleアナリティクスでは、サイト全体のユーザー動線と、各ページの前後の詳細なユーザー動線を確認することができます。

①ユーザーフローでサイト全体のユーザー動線を確認する

Googleアナリティクスにログイン後、

1.[ ユーザー>ユーザーフロー ]をクリック

一番左側が流入元を表し、サイトに流入したユーザーが経由していったページが確認できます。

②ナビゲーションサマリーで各ページのユーザー動線を確認する

1.[ 行動>サイトコンテンツ>すべてのページ ]をクリック
2.気になるページをクリック
3.[ ナビゲーションサマリー ]をクリック
4.選択したページの遷移元・遷移先とその遷移数が確認できる

Googleアナリティクスのナビゲーションサマリーでは各ページの前後の遷移数を確認することができますが、確認したいページの切り替え、そのページのURLを実際アクセスしてページの内容を確認するのに大変手間がかかってしまいます。

2.アナトミーでのユーザー動線の視覚化

Googleアナリティクスを「見える化」するアクセス解析ツール「アナトミー」ではGoogleアナリティクスの「ナビゲージョンサマリー」にあたる、ページの前後の遷移数をビジュアル化しています。

全体の行動フローではなく、各ページの前後のフローに絞ることで、それぞれのページが「どのページに遷移されやすいか」、「どこから流入されやすいか」を視覚的に把握することが出来ます。

アナトミーでユーザー動線を確認する方法はとても簡単です。ページを表すタイルをクリックするだけで、そのページを経由したユーザーの動線をアニメーションで確認できます。

タイルを1回クリックすると、クリックしたページアイコン(①)に青字の数字、周りのページアイコン(②)に赤字の数字が表示されます。青字は遷移の合計値です。周りの赤字はクリックしたページから実際に遷移した数値です。

タイルを2回クリックすると、クリックしたページアイコン(①)に赤字の数字、周りのページアイコン(②)に青字の数字が表示されます。赤字は他のページから遷移された合計値です。周りの青字はクリックしたページに実際に遷移した数値です。

遷移数の多いページは、画面デザインと合わせてランキングで確認できます。遷移数の多いページの画面キャプチャをクリックすることで、そのページの動線分析に切り替えることができます。これを繰り返していくことで、実際にユーザーがサイトを見てページを切り替えていくように、ユーザー目線で動線分析ができます。

このように、実際の画面と照らし合わせながらユーザーの遷移を把握していくことで、ユーザートラッキングを追体験しながらユーザー動線解析できるツールがアナトミーなのです。

まとめ

サイトの改善をして、コンバージョン率を高めていくためには、ユーザー目線でのユーザー動線分析をし、ページの問題点を発見していくことが必要です。実際の画面と照らし合わせながらユーザー動線分析ができるツール「アナトミー」をぜひ一度お試しください。

もしも、特定のページ間の遷移数がうまく計測できない、などGoogleアナリティクスの設定に関して懸念点があれば、Googleアナリティクスの設定状況が診断できるサービスも含まれていますので、合わせてお試しください。