Googleアナリティクスのユニークユーザー(UU)数とは?

何人のユーザーがご自身のWebサイトを利用しているかご存知ですか?

ここでは、Googleアナリティクスのユニークユーザー(UU)数の意味、Googleアナリティクスを使って各ページのユニークユーザー数(UU数)を確認する方法、UU数をさらにカンタンに確認するツールを紹介します。

1. GoogleアナリティクスのUU数とは

Googleアナリティクスのユニークユーザー数(UU数)は、その名のとおり、そのページを何人のユーザーが閲覧したかを表しています。
例えば、期間内に500人のユーザーがページを閲覧した場合、UU数は「500」となります。ユーザーが何回そのページを閲覧したかは、UU数には関係ありません。たとえ一人のユーザーがそのページを10回閲覧していたとしても、あくまでUU数は「500」のままです。

このように、ユーザーの利用傾向に関わらず、純粋なWebサイトのユーザー数を表す数字がUU数なのです。

ただし、一人のユーザーが複数のデバイス(PCとスマートフォンなど)でページを閲覧していた場合、UU数は別々にカウントされてしまうので注意が必要です。

2.GoogleアナリティクスでUU数を確認する方法

Googleアナリティクスでは、UU数を表すのに「ユーザー」という名称が使用されています。
GoogleアナリティクスでUU数を調べる方法は2通りあって、「何の」UU数を知りたいかによって確認方法が変わります。

①サイト全体のUU数を確認したい場合

Googleアナリティクスにログイン後、

1. [ ユーザー>概要 ]をクリックし、ユーザーサマリーを表示。
2. デフォルトでは[ セッション ]となっている指標を[ ユーザー ]に切り替える
3. [ Webサイト全体のUU数 ]が確認できる
4. 右上のセレクトボックスから、データの期間を選択することができる

②各ページのUU数を確認したい場合(カスタムレポートを設定する必要あり)

1.[ カスタム>カスタムレポート ]をクリック
2. [ 新しいカスタムレポート ]を選択すると、カスタムレポート作成画面に移行
3.[ 指標を追加 ]をクリック
4. [ よく使われるディメンションと指標>ユーザー ]または[ 他のディメンション>ユーザー>ユーザー ]を選択
5. [ ディメンションを追加 ]をクリック
6. [ よく使われるディメンションと指標>ページ ]または[ 他のディメンション>行動>ページ ]を選択
7. [ 保存 ]をクリック
8.作成したカスタムレポートが表示される

このように、GoogleアナリティクスではページごとのUU数を確認するためにはカスタムレポートを作成する必要があります。

3.アナトミーでのUU数の視覚化

Googleアナリティクスを「見える化」するアクセス解析ツール「アナトミー」では、URLだけでなく、画面キャプチャと照らし合わせながらUU数を確認することができます。

アナトミーでは全景ビュー上部の「UU」と書かれた箇所をクリック(①)するだけで、各ページのUU数を表示することができます。Googleアナリティクスのようにカスタムレポートを作成する必要はありません。

さらに、各ページを表すタイルがUU数に応じて4段階に色分けされているので、サイト内のUU数の大小を一目で確認することができます(②)。

また、右側のグラフのアイコンをクリック(③)するだけで、ページごとのUU数の推移グラフも確認することができます(④)。

このように、各ページのUU数とそのページのデザイン、サイト全体でのUU数の分布、ページ単位でのUU数の推移をカンタンに確認することができるツールが「アナトミー」なのです。

まとめ

Webサイトを利用するユーザー数が多いことはコンバージョンの機会の多さを示すため、UU数は流入数やPV数と並んでアクセス解析に欠かせない指標です。しかし、Googleアナリティクスで調べるのは、ちょっと面倒という方は、一度「アナトミー」をお試しください。

もしも、特定のページのUU数がうまく計測できない、などGoogleアナリティクスの設定に関して懸念点があれば、Googleアナリティクスの設定状況が診断できるサービスも含まれていますので、合わせてお試しください。