検索インデックス分析とは

検索インデックス分析(以下、インデックス分析とする)は、シンメトリックがコンサルティングで実施するSEO分析手法の1つです。インデックス分析は、SEO改善を論理的に実施可能にする手法です。

Googleからの評価は実際のWeb上に配置して初めて分かります。つまり、Googleの評価データである検索インデックスを詳しく分析できなければ、SEOは理解不能で非効率的な対策となってしまいます。

さらに、コンテンツを囲む状況は常に進化しています。検索インデックスは、評価の変化を詳細に物語っています。検索インデックスを定期的に分析することで、変化に先んじたSEO対策が可能となり、順位アップ及び上位維持を可能にします。

 

高度なインデックス分析

インデックス分析の目的はSEO改善なので、改善ポイントを導き出す必要があります。そのためには、さらに分析が必要です。

SEO効果が高まる強化キーワード選定

今後のインデックス変化の予測

現在のインデックスとなった理由の仮説

現在の検索インデックスができた理由を考察するには、過去の検索インデックスと比較する必要があります。

また、コンテンツが現在とは違う時には、過去のコンテンツを確認することも必要です。コンテンツの変化と評価の変化を観察することで、現在の評価理由における仮説を立てることができます。

現在の評価理由に仮説を立てることができれば、近い将来に検索インデックスがどのように変化するかを予測することができます。その変化予測に基づきSEOで強化すべきキーワードを導き出すことができます。

選定されたキーワードによるコンテンツ強化作は、そのキーワードを適切に使用するというシンプルな改善から、そのキーワードが示唆する検索意図に合ったコンテンツ改修を施すものまで多岐に渡ります。

基本的なインデックス分析

基本的なインデックス分析は、2段階で行っていきます。

1. 検索価値の有無の判定

  • 検索キーワードの数や表示数や順位に拠る

2. 評価された検索意図の推定

  • ​表示された検索キーワード集合に拠る

検索価値の有無の判定

Google検索が提供している検索キーワード群(検索インデックス)は、実際のSERPにおける履歴集計値です。

基本的にGoogleは全てのコンテンツを巡回しているので、検索インデックスの量や順位がGoogleにおいて検索価値の評価を反映していると考えられます。

そのため、最初にすべきチェックは、​検索されたいページの検索価値の有無です。ページごとに検索インデックスを分析すればGoogleがどのページに検索価値を置いているかを知ることができます。

Group 792.png

評価された検索意図の推定

検索価値があるページでは、どのような検索意図で評価されているかを推定します。それを考察するには、検索キーワードとその表示数・順位を分析します。検索キーワードは、その名の通り検索時に入力されたキーワードを指しています。人によって入力するキーワードは異なるため、複数のキーワード群が検索インデックス登録されています。

キーワードの検索意図を知るにはSERP分析を行います。検索インデックスに登録されているキーワード群に対してSERP分析を繰り返すことにより、Googleがこのコンテンツをどのような検索意図で評価しているかを推定することができます​。評価された検索意図を知るには、複数のSERP分析の結果を考察するプロセスが必要です。

Group 797.png
 

​シンメトリックのインデックス分析の取り組み

インデックス分析はSERP分析に比べて複雑で難解です。しかしGoogleの検索インデックスに迫るこの分析を理解すると、SEOがデータに基づく理解可能な対策となります。シンメトリックでは、有料のエッセンシャルSEOハンズオン研修で2日間3時間に渡り、インデックス分析についてトランスファーしています。

また、ブラウザだけで可能なSERP分析と異なり、インデックス分析は複雑であるため、強力なツールが必要です。シンメトリックではインデックス分析を行う強力な機能をSEO分析ツール・アナトミーに搭載しています。

​シンメトリックのコンサルティングでは、インデックス分析に基づいた改善策をベースにPDCAを行います。これにより、Webの変化を常にとらえながら継続的なSEO対策を実施しています。