サイト改善のヒントが見えてくる
アクセス解析ツール「ANATOMY(アナトミー)

【1画面で表示】全ページのデータを1画面で表示!だから注目ページが浮かび上がる!
Anatomy(アナトミー) Anatomy(アナトミー)
【画面デザインを表示】解析データに画面デザインを紐付け!だからUI/UX改善が楽になる!

ニュース&配信メルマガ

Googleアナリティクスのデータを分析しやすくビジュアル化

チーム内の情報共有が円滑に

100ページ超のサイトデータを一望できるタイルUIのアクセス解析

アナトミーでは、一度に100ページ超のアクセス状況(PV数、UU数、遷移数、被遷移数、流入数 [検索流入、SNSからの流入、広告流入別]、直帰率、離脱率)が俯瞰できます。 個々のページのアクセスデータとページ間の繋がりをグラフィカルに把握でき、豊富に用意された指標データを軽快な操作で切替えながら多角的に分析することができます。

キャプチャ・ソースを保存し、アクセスデータと紐づける

サイト内の画面キャプチャを自動取得・保存し、アクセスデータと一緒に表示します。 サイト訪問者と同じ目線でのデザインチェックと、データによる定量的な解析の両面をバランス良く、すばやく切り替えながら分析に取り組めます。 キャプチャを取得するページは、アクセスデータから閲覧の多いページやその関連ページを自動でピックアップ。膨大なページ数を持つサイトでも、重要なページにフォーカスして分析できます

集客分析・ユーザー導線分析をすばやく

参照元からの動線、広告の効果もアナトミーだと視覚的にカンタンに把握できます。 また、各ページどのくらい新規訪問者が来ているのか、といった集客に関するセグメント分析(新規、リピーター、広告流入、購入者)。複数のデータを、わずか数秒かつ1画面で把握できます。

SEO対策のためのキーワード分析

アナトミーが収集するデ―タは、Googleアナリティクスだけではありません。サーチコンソールからの検索キーワード、検索順位、そのワードの表示回数、クリック回数、サジェストキーワードと アナトミーが独自に収集するtitleタグ、metaタグのディスクリプション、キーワードも表示します。 データ収集のために複数のツールを立ち上げることなく、サイト改善に必要なデータはすべてアナトミーからアクセスできます。

事例紹介

RIZAP株式会社

新規事業ユニット 小野 博 様

ウェブからの登録申し込みが3割増加!

ANATOMYを使ってみたところ、Googleアナリティクスを使っていた際のストレスがウソのように使いやすく、 スムーズに解析していけました。「これはいい」と、1ヶ月後には有料プランに移行しました。
ANATOMYを使い始めてからWebからのお申し込みは全体の3割ほどに増加し、 導入前と比較しても、問い合わせ件数は確実に増えました。現在公式サイトは最適な状態を維持できていると言えます。

ご利用中のユーザー様一例
株式会社エヌ・ティ・ティ・アド
放送大学学園
セゾン自動車火災保険株式会社
株式会社デアゴスティーニ・ジャパン
伊藤忠商事株式会社
ネスレ日本株式会社
株式会社常陽銀行
株式会社ソリトンシステムズ
株式会社山崎文栄堂
株式会社エヌ・ティ・ティ・アド
放送大学学園
セゾン自動車火災保険株式会社
株式会社デアゴスティーニ・ジャパン
伊藤忠商事株式会社
ネスレ日本株式会社
株式会社常陽銀行
株式会社ソリトンシステムズ
株式会社山崎文栄堂

Googleアナリティクのビューを連携するだけなので登録もカンタン!

実際に自分のサイトをアナトミーで見たい!と思ったなら

無料トライアル