Googleアナリティクスで各ページの平均読込時間を
確認する方法

ご自身のサイトの平均読込時間を把握していますか?

平均読込時間とは、ページの読み込みにかかる時間のことで、サイトの重さを表す指標です。
ここでは、Googleアナリティクスで平均読込時間を確認する方法と、平均読込時間をカンタンに確認することができるツールを紹介します。

1.平均読込時間とは

多かれ少なかれ、ページの読み込みには時間がかかります。ページの読み込みを開始してからブラウザのページの読み込みが完了するまでの時間の平均値が平均読込時間です。

平均読込時間はユーザビリティに直結し、平均読込時間が長いとユーザーの離脱が増えてしまうため、平均読込時間を短くすることが離脱率の改善、ひいてはコンバージョン率の向上につながります。また、平均読込時間はGoogleの検索順位にも影響を与えます。

以上のことから、Webサイトを運用するうえで平均読込時間は注視しなくてはならない指標と言えます。

2.Googleアナリティクスで各ページの平均読込時間を確認する方法

それでは、Googleアナリティクスで平均読込時間を確認する方法を紹介します。
Googleアナリティクスにログイン後、

1.[ 行動>サイトの速度>ページ速度 ]をクリック
2.[ データ ]をクリック
3.サイト全体と、各ページの平均読込時間が表示される

Googleアナリティクスでは上記の方法で平均読込時間を確認することができますが、URLで表示されるため、そのURLがどんなページか確認するためには逐一URLにアクセスしなくてはなりません。

3.アナトミーでの平均読込時間の確認方法

Googleアナリティクスを「見える化」するアクセス解析ツール「アナトミー」では画面キャプチャと一緒に平均読込時間を確認することができます。

1.[ 品質情報 ]をクリック
2.[ 平均読込時間 ]をクリック

各ページの平均読込時間がタイル上に表示されました(単位は秒)。平均読込時間の長い順に赤、黄、緑、青で色分けされているので、サイト内で平均読込時間の長いページがどれか、一目で確認することができます。赤い色のページがあればそれは極めて平均読込時間の長いページです。そのページの離脱率を確かめてみましょう。

離脱ボタンを2回クリック
もしそのページの離脱率が高ければ、平均読込時間が長いために離脱している可能性が高いページだということが分かるのです。

また、アナトミーポータルでは各ページの平均読込時間のサイト全体での分布を確認することができます。全景ビュージャンプアイコンをクリックすることで各ページの平均読込時間もすぐに確認することができます。

このように、アナトミーでは、サイト全体の平均読込時間の分布や、各ページの平均読込時間、「離脱率」や「ページ容量」といった他の指標をワンクリックで切り替えて分析することができるため、サイトの改善点をカンタンに発見することができます。

まとめ

離脱することなくユーザーにサイトを見てもらうためには、平均読込時間の短い、使い心地の良いWebサイトであることが重要です。平気読込時間の改善には、他の指標とワンクリックで切り替えながら平均読込時間を確認できるツール「アナトミー」をぜひ一度お試しください。

もしも、気になるページの計測がうまくいかない、などGoogleアナリティクスの設定に関して懸念点があれば、Googleアナリティクスの設定状況が診断できるサービスも含まれていますので、合せてお試しください。