Googleアナリティクスでメモを記録するには?

ご自身のサイトではWebサイトの変更履歴をメモとして記録していますか?

Webサイトの変更内容や実施したキャンペーンを記録しておけば、流入やコンバージョンに変化が起きたときに、要因の調査や施策改善に活かすことができます。

ここでは、Googleアナリティクスを使ってメモを記録する方法と、高度なメモ機能を利用できるツールをご紹介します。

1.Googleアナリティクスでメモを登録する方法

Googleアナリティクスでは、ビューごとにメモを追加できます。メモには日付とコメントが登録できます。

メモを登録するには、以下の手順で行います。

  1. グラフの下にある▼アイコンをクリック
  2. [ +新しいメモを作成 ]をクリック
    Googleアナリティクスでメモを登録する
  3. 日付とコメントを入力
  4. [ 保存 ] ボタンをクリック
Googleアナリティクスでメモを登録する

メモを保存すると、Googleアナリティクスのグラフ下に登録されたメモが一覧で表示されます。

【無料ウェビナー】継続できるサイト改善PDCAの回し方が分かる!

サイト改善のPDCAは継続が重要

このセミナーでは、アナトミーの「改善ノート」機能を使い、施策ごとのKPI設定、効果検証、改善のサイクルを回す手法を解説します。

データに基づく分析と継続できるWeb改善業務のワークフローを知りたい方に最適です。

web改善に必要な6つの施策

アクセス解析セミナー詳細

参加者の声

参加者の声

今までとは違った角度で自社のwebサイトを見られてよかったです。

参加者の声

テンポよく、的確な説明で分かりやすかった。重要ポイントについても強調され、頭に入った。

参加者の声

私のような素人でも問題なく参加できました。

2.アナトミーでページ単位にメモを登録する方法

アクセス解析ツール「アナトミー」では、ページ単位でメモを記録できます。

メモを登録する

  1. 該当ページのタイルをクリック
    ページアイコンを選択
  2. [ 改善ノート ]タブをクリック
  3. [ 作成 ] ボタンをクリック
    改善ノートタブの作成ボタン

次に、そのページにメモしたい内容を登録します。

  1. メモをクリック
  2. 説明文を入力
  3. [ 保存 ] ボタンをクリック
アナトミーでメモを登録

以上の簡単な操作で、特定のページに対するメモを登録できました。

メモには返信機能が付いているので、追加情報を登録することもできます。

また、メモに登録した内容を他のユーザーに通知することができるので、コミュニケーションを効率化できます。

アナトミーでメモに返信

3.まとめ

Webマーケティング業務では、Webサイトを日々見直していくので、気づいた点をメモしたり、変更した内容をメモしておくと、施策の振り返りや次なる施策の検討がやりやすくなります。アナトミーのメモ機能をサイト改善業務に活用してみましょう。

Page Top