Googleアナリティクスのページビュー(PV)数とは?

最近作ったWebページがどのくらい閲覧されているかご存知ですか?

ここでは、Googleアナリティクスのページビュー数(PV数)の意味、Googleアナリティクスを使って各ページのPV数を確認する方法、PV数をさらにカンタンに確認するツールを紹介します。

1. GoogleアナリティクスのPV数とは

GoogleアナリティクスのPV数は、ページが読み込まれた回数を表しています。

Googleアナリティクスのトラッキングコードを埋め込んだページが読み込まれると、「ヒット数」としてGoogleアナリティクスにデータが送信されPV数が増えます。例えばトップページ→ページA→ページBと遷移し閲覧した場合、PV数は3になります。

2.PV数と流入数とUU数の違い

PV数以外に流入数やUU数という指標がありますが、それぞれ説明できるでしょうか。

PV数はページが読み込まれた回数。

流入数はセッション数とも言いますが、サイトに訪問した数。

UU数(ユニークユーザー数)はある特定の期間にサイトを訪れた固有のユーザーの数。

例えば、以下のような場合、PV数、流入数、UU数はそれぞれいくつになるでしょうか。

PV数はページが読み込まれた数なので9。流入数はサイトへの訪問数なので4。UU数は2人だけですがデバイスが変わっているため3。

このようにPV数、流入数、UU数は似ているようで大きく違います。

3.PV数を確認する方法

GoogleアナリティクスでPV数を調べる方法は、以下のように2通りあって「何の」PV数を知りたいかによって確認方法が変わります。

①サイト全体のPV数を知りたい場合

Googleアナリティクスにログイン後、

1. [ 行動 > サイトコンテンツ > すべてのページ ] をクリック
2. [ 各ページのPV数 ] が確認できる

②各ページのPV数が知りたい場合

1. [ ユーザー > 概要 ] をクリック
2. [ Googleアナリティクスで計測しているサイト全体の合算されたPV数 ] が確認できる

このように、Googleアナリティクスでは、おなじPV数でも何のPV数かによって確認方法が変わりますので注意が必要です。

4.アナトミーでのPV数の視覚化

Googleアナリティクスを「見える化」するアクセス解析ツール「アナトミー」では、URLとPV数だけでなく、画面キャプチャとPV数も照らし合わせながら確認できます。

そのためGoogleアナリティクスでページのURLとPV数を照らし合わせるより、直感的に各ページのPV数が把握できます。

さらに、計測しているページ全体のPV数を4段階に分けて、PV数が大きいと濃い緑、PV数が小さいと薄い緑と色に差が出ます。色味で、サイト全体からみた各ページのPV数の分布が一目でわかります。

このように、アナトミーでは、画面キャプチャを通して、サイト全体のPV数と分布、各ページのPV数がカンタンに確認できるので、解析する上でとても便利です。

まとめ

各ページのPV数の推移を抑えることはとても大切です。キャンペーンの効果があったか、新しく作ったページはきちんと見られているか、PV数を確認するだけでもWebサイトが機能しているか判断できます。 しかしGoogleアナリティクスで調べるのは、ちょっと面倒という方は、一度「アナトミー」をお試しください。

もしも、特定のページのPV数がうまく計測できない、サイト全体の範囲が想定と違う、などGoogleアナリティクスの設定に関して懸念点があれば、Googleアナリティクスの設定状況が診断できるサービスも含まれていますので、合せてお試しください。