Googleアナリティクスのページビュー数(PV数)とは?

動画でPVの重要性を確認!

PV数とは

PV数(ページビュー数)とは、ユーザーがWebページを表示した回数のことを表します。同じページを読み直した場合でも、PV数はカウントされます。

ページビューとはブラウザにページが読み込まれる(再読み込される)ことです。ページビュー数は、閲覧されたページの合計数として定義される指標です。

引用元:ページビュー - アナリティクス ヘルプ

Googleアナリティクスのトラッキングコードを埋め込んだページが読み込まれると、「ヒット数」としてGoogleアナリティクスにデータが送信されPV数が増えます。例えばトップページ→ページA→ページBと遷移し閲覧した場合、PV数は3になります。

PV数とUU数の違い

UU数(ユニークユーザー数)とはそのページを何人のユーザーが閲覧したかを表しています。

「ユーザー数」指標と「アクティブ ユーザー」指標には、お客様のサイトやアプリを閲覧または操作したユーザーの数が表示されます。

引用元:ユーザー指標でユーザーをどのように識別するか - アナリティクス ヘルプ

GoogleアナリティクスにおけるPV数と流入数、UU数の違い

上の画像を例にすると、AさんがページA→ページB→ページCを閲覧して離脱した場合、PV数は「3」になりますが、UU数(ユニークユーザー数)は「1」になります。

PV数とセッション数の違い

セッション数とは、検索や広告からWebサイトに入ってきて、離脱するまでの一連の流れが行われた回数のことを指します。

サイトやアプリでユーザーが操作を行っている時間のことです。ユーザーが 30 分以上操作を行わなかった場合、それ以降の操作は新しいセッションと見なされます。 サイトを離れたユーザーが 30 分以内に同じサイトに戻ってきた場合は、同じセッションとして扱われます。

引用元:セッション - アナリティクス ヘルプ

GoogleアナリティクスにおけるPV数と流入数、UU数の違い

上の画像を例にするとPV数が「6」、セッション数は「3」になります。

PV数とアクセス数の違い

アクセス数とは明確な定義が存在しない言葉ですが、サイトにユーザーが来た回数を表すことが多いです。つまりセッション数に近い指標なのでPV数とはまた違う指標になります。

平均PV数とは

平均PV数とはユーザーが一回のセッション当たりに何ページを閲覧したかを表す指標です。

平均PV数は「総PV数÷総セッション数」で求めることができます

GoogleアナリティクスでPV数を確認する方法

GoogleアナリティクスでPV数を調べる方法は、以下のように2通りあって「何の」PV数を知りたいかによって確認方法が変わります。

サイト全体のPV数を知りたい場合

  1. [ オーディエンス > 概要 ] をクリック
  2. [ Googleアナリティクスで計測しているサイト全体の合算されたPV数 ] が確認できる
Googleアナリティクスでは「ユーザー」レポートからサイト全体のPV数が確認できる

各ページのPV数が知りたい場合

  1. [ 行動 > サイトコンテンツ > すべてのページ ] をクリック
  2. [ 各ページのPV数 ] が確認できる
Googleアナリティクスでは「行動」レポートからページごとのPV数が確認できる

このように、Googleアナリティクスでは、同じPV数でも何のPV数かによって確認方法が変わりますので注意が必要です。

アナトミーでPV数を確認する方法

Googleアナリティクスを「見える化」するアクセス解析ツール「アナトミー」では、各ページのPV数をカンタンに確認することができます。

  1. PV数を確認したいページのタイルをホバー

GoogleアナリティクスでPV数を知るには、まず確認したいページのURLを調べ、一覧から探さなければなりません。

一方、アナトミーではディレクトリごとに整理されたタイルの中から、キャプチャを見ながら簡単にPV数を把握できるのです。

まとめ

キャンペーンの効果があったか、新しく作ったページが見られているかなどが分かるので、PV数はアクセス解析の基本となる重要項目です。でもGoogleアナリティクスでPV数を調べるのはちょっと面倒だという方は、ページごとのPV数がカンタンに分かるツール「アナトミー」をお試しください。

アクセス解析ツール「アナトミー」