過去のページを見る方法

過去にサイトで使っていたHTMLファイルやJSファイルを参考にしたいが、元データがどこにあるかわからない、なんてことはありませんか?

ここでは、過去のページを確認できるツールを紹介します。

1.アナトミーで過去のページを確認する方法

Googleアナリティクスを「見える化」するアクセス解析ツール「アナトミー」では、アクセス指標やユーザー動線など解析に関する情報だけでなく、実際にデータを取得する際にページにアクセスしているため、ページの画面キャプチャや、実測応答時間などの情報も持っています。

また、HTMLファイルなどのリソースもアナトミー内に保持されているので、アナトミーで過去のページを確認することができるのです。確認方法はカンタン。

1.過去の日付を選択し[ 適用 ]をクリック
アクセス解析ツール「アナトミー」の日付選択画面
2.見たい過去のページを[ 参照ファイルURL検索 ]でexample.jsなどと検索
アクセス解析ツール「アナトミー」の過去のページ検索画面
3.該当ページのタイルを右クリックし、[ ページの詳細情報を確認する ]をクリック
アクセス解析ツール「アナトミー」のページの詳細情報確認画面
4.左メニューの[ リソース ]をクリック
5.対象のリソースの[ 目のマーク ]をクリック
アクセス解析ツール「アナトミー」の過去のページ確認画面

すると過去に使っていたリソースの中身が確認できます。

まとめ

アクセス解析の一環でページ編集はよくすると思いますが、過去のあるデザインだとユーザー動線がうまくいっていたのでそのデザインに戻したい、そんなときは「アナトミー」を使って、過去のページを振り返っていただければと思います。

もしも、気になるページの計測がうまくいかない、などGoogleアナリティクスの設定に関して懸念点があれば、Googleアナリティクスの設定状況が診断できるサービスも含まれていますので、合せてお試しください。