過去のWebサイトの履歴を見る方法

過去のWebサイトのデザインやリソースを履歴として確認したい、なんてことはありませんか?

ここでは、過去のWebサイトの履歴を確認できるツールを紹介します。

1.WAYBACK MACHINEで過去のWebサイトの履歴を見る方法

WAYBACK MACHINEとは、過去のウェブサイトを閲覧できる無料のツールです。サイトにアクセスし、履歴を見たいWebサイトのURLを入力します。するとカレンダーが出てくるので選択すると該当する日にちのWebサイトを確認することができます。

WAYBACK MACHINEで過去のWebサイトの履歴を見る方法

その他にもWebサイトの履歴を確認することができるツールがあります。

2.アナトミーで過去のWebサイトの履歴を見る方法

Googleアナリティクスを「見える化」するアクセス解析ツール「アナトミー」では、アクセス指標やユーザー動線など解析に関する情報だけでなく、実際にデータを取得する際にページにアクセスしているため、ページの画面キャプチャやリソース情報、実測応答時間などの情報も持っています。

そして画面キャプチャやリソースはアナトミー内で保管しておけるため、アナトミーで過去の画面デザインや過去のリソースを確認することができるのです。

1.確認したいページのタイルを選択し[ メニュー ]をクリック
2.表示するキャプチャの種類を[ 標準(過去一覧) ]と選択
アナトミーで過去のWebサイトの履歴を見る方法

すると該当ページの履歴がキャプチャで確認できます(各キャプチャをドラッグ&ドロップでコピーすることができ、手元で確認もできます。)

過去のWebサイトのリソースを確認する方法

1. [ データ ]タブをクリック
2. レポート切替で日付を選択し[ 切替 ]ボタンをクリック
過去のWebサイトのリソースを確認する方法
3. 確認したいページのタイルをクリック
4. [ ページリソース表示 ]ボタンをクリック
5. 左メニューの[ リソース ]をクリックし、対象のリソースの[ 目のマーク ]をクリック
過去のWebサイトのリソースを確認する方法

すると過去に使っていたリソースの中身が確認できます。

【無料ウェビナー】継続できるサイト改善PDCAの回し方が分かる!

サイト改善のPDCAは継続が重要

このセミナーでは、アナトミーの「改善ノート」機能を使い、施策ごとのKPI設定、効果検証、改善のサイクルを回す手法を解説します。

データに基づく分析と継続できるWeb改善業務のワークフローを知りたい方に最適です。

web改善に必要な6つの施策

アクセス解析セミナー詳細

参加者の声

参加者の声

今までとは違った角度で自社のwebサイトを見られてよかったです。

参加者の声

テンポよく、的確な説明で分かりやすかった。重要ポイントについても強調され、頭に入った。

参加者の声

私のような素人でも問題なく参加できました。

まとめ

アクセス解析の一環でページ編集はよくすると思いますが、過去のあるデザインだとユーザー動線がうまくいっていたのでそのデザインに戻したい、そんなときは「アナトミー」を使って、過去のページを振り返っていただければと思います。

もしも、気になるページの計測がうまくいかない、などGoogleアナリティクスの設定に関して懸念点があれば、Googleアナリティクスの設定状況が診断できるサービスも含まれていますので、合せてお試しください。

Page Top